thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
タグ:ダム ( 16 ) タグの人気記事
奥只見ダム
静謐な山の紅葉
b0053472_12305997.jpg



++++++++++++++++++++++++


雨で行けなかった日光白根山。
2000m峰の山へ行くのには、もうこの週末位がリミット。
((((だって素人だもの)

この週末は連休だ。
土曜は出番だったけど、火曜が代休の3連休。
さてさて。

未練が残る日光白根山にしようかとも思ったけど、なんだか
混んでいそう・・というか日光自体が混んでいそうだし。

せっかくの連休だ。
少し遠くへ行ってもいいな。
飯豊連峰の南の三国岳(1644m)なんかどうだ?
いつかはやりたい飯豊連峰縦走。
ちょっと一端を伺っておくのも良いだろう・・・・と思ったら飯豊の
山の上の方は降雪ありらしい。
ムリ。

ん~それじゃ、やはり2000m峰と考えると会津駒ヶ岳(2133m)
なんかもいいな。
標高差は滝沢登山口から約1103m。

ずらずらクグっていくうちに目にとまったのは三ッ岩岳(三岩岳)。
会津駒の隣の隣くらいの山だ。
そして、高畑スキー場の目の前の山。(2008/2月 高畑スキー場より望む)
b0053472_12293028.jpg


三ツ岩岳は標高2065m、標高差約1275m。
2000m峰も初めてだし、標高差が1000mを超えるのも初めてだ。

ちなみに日光白根山は標高2578mだけど菅沼から登って標高差は約838m。
9月に登った北海道の雌阿寒岳は1499mで標高差約820mである。



昭文社「山と高原地図」には三岩岳はないので、「ウォッちず」をプリント
アウトしてつぎはぎはっつけ。
後から分かったが山渓の新・分県登山ガイドには載っていたそうで。


ダムは~?!
ダムを出せ~ダム~(-_-メ)

スミマセン。
出発しますw

土曜の夜出た。
栃木福島の県境から雨。

雨?あれれ?
天気予報はそうでなかったと思うんだけど?
小豆温泉 窓明の湯の手前に登山者用駐車場があるので車中泊。
10台位停まってた。
翌朝。
b0053472_1303897.jpg


強い風と雨。orz
こんななかでも登山支度をしている人もいた。
でも、私はムリ。
ここは筑波山や宝篋山ではないのだ。
てか筑波山やら宝篋山だって雨の中登ったことないよ。
初の2000m峰、そんな度胸はなし。
しばらくフテ寝。

ここまで来たら、洪水吐がステキな大津岐ダム(おおつまた)だな。

R352を尾瀬方面に向かって走る。
車が多いよ。
b0053472_13283145.jpg



御池を過ぎて注意をしていたのだけど、鷹ノ巣まで来てしまった。
あれ?広沢林道は?
まあ、帰りに行くか。
ここまで来たら奥只見ダムだ。

ちなみにこのR352の新潟県側は二輪車通行禁止だったが、去年だか
一昨年だかに通行禁止解除になった。
車の離合も厳しい狭路で沢水が道路を横切る溝がたくさんあるので
バイクは走行注意。
沢水も水量の多い所はほんとザパザパだから。
結構バイクの人多かった。
てか車も多い。
私が初めてここを通って奥只見ダムに来たのは、17~8年前のちょうど
今時期だったが、その時すれ違った車はわずかに1~2台だった。
奥只見湖に沿って走るR352で車を停めると、まるで音のない世界で、
静謐というのはまさにこのようなことであろうといたく感慨した。

さて、延々と続く くねくね道を行って、銀山平でシルバーラインへ。
あ、シルバーラインはあいかわらず二輪車通行禁止ね。
てか自転車も歩行者も通行禁止だ。
b0053472_13482910.jpg


奥只見シルバーラインには合計19のトンネルが連続し、総延長22.6kmの内
トンネル延長18.1kmある。
まあ、尾瀬方面→銀山平→シルバーラインから入ると長いトンネル2つ。

この道路の開通は、昭和32年。
当時の国営の電源開発株式会社によって施工され奥只見ダム、そしてその
下流の大鳥ダムの工事のための道路だ。
昭和46年に観光道路として一般開通。
昭和52年には新潟県道50号小出奥只見線に昇格。
1月~3月は冬季閉鎖、素堀の部分と湧水が随所にある。
狭い、暗い、くねくねしていて、湧水で路面はビタビタ、しかもコンクリート舗装の
険道である。
何度か来ているんで慣れたけど、最初通った時はオソロシかった。
ちなみになんでシルバーラインかっていうと、江戸時代に奥只見地区で銀が
産出されていたことに因むらしい。

長いよ。
ダムを出せ~ダム~(-_-メ)

スミマセン。


■奥只見ダム  重力式コンクリートダム 堤高157m■
b0053472_1429221.jpg


b0053472_14301455.jpg


奥只見ダムは重力式コンクリートダムの中では日本で一番堤高が高い。
貯水量も長いこと日本一だったが、2008年に徳山ダムができて貯水量第2位へ。
徳山ダム(岐阜県)さ、ロックフィルなんだよね。
ロックフィルとしては長野県は高瀬様に続く堤高第2位の161m。
行ってみたい見てみたい。


見てみたいといえば、奥只見ダムのすぐ下流にある大鳥ダムも見てみたいが、
管理用道路の奥にあるのでムリなのだ。
日本で12基という重力式アーチダム。
見たいんだけどな。

しかし、奥只見ダムもリッパに観光ダムなんだね。
すんごく人がたくさんいた。
私は4度目の巡礼。
新潟側からだといざ知らず、尾瀬側から行くと結構たいへん。
4度目ということはなんだかんだ好きなんだろうな。

帰りに大津岐ダムと思ったがこれまた広沢林道が良く分らず。
ガソリンもちょっと怪しくなってきたのであきらめた。残念。

新潟側は天気も良くなかったけど、福島側になると雨もやみ
天気も良くなってきた。
紅葉がきれいだ。
b0053472_14472513.jpg


b0053472_14513387.jpg


b0053472_1511839.jpg


b0053472_1513718.jpg


b0053472_1541724.jpg


b0053472_1516299.jpg



つづく

次回、素晴らしい南会津の山塊  判断に迫られる窓明山分岐
乞うご期待!
[PR]
by 92xldegree | 2009-10-13 13:05
夏空  // Ninja250R
花園渓谷
b0053472_21411669.jpg



梅雨前線は、まだうろうろしているようだけれども、日曜日の茨城県は晴れた。

暑いだろうな。
暑いよね。

と思いつつも、走れ!夏のバイク乗り!

県道64からR50をちょっと走り県道1からビーフへ。
そうそう、ビーフは以前はR50の「寺崎」って交差点から上がっていたのだけど、
最近は県道1から入ってる。
県道1から上がった方がヤマハギの大群集の歓迎を受けられるのだ。
それ以降のビーフにもヤマハギは道路沿いにたくさんあるけど、ここはものすごい。
県道1を曲がってすぐ左がビーフラインね。
訂正:左じゃなくって右でした~!
表示があるので分かる。
今回はヤマハギの花はちょっと早かったけど。

ビーフをずんずん行ってR349→R461→広域農道とお決まりになったコースを進む。
いつもなら広域農道の終わりで折り返すが、今日は花園渓谷方面へ。

そして気になっていた蕎麦屋へ。
「水楓亭(すいふうてい)」というらしい。

いやね、水沼ダムやら花園渓谷の鳥撮りで何度も通っていて気になっていたのね。
ダムに向かう県道の左側に登りのダートがあって、入り口に蕎麦やの立て看板。
今日やっと行くことができた~。
200m位砂利ダートを上がると・・あ~らいい感じ。
b0053472_227853.jpg


b0053472_2275327.jpg


開け放たれた窓から心地よい風、敷地のなかのせせらぎ、小鳥の声。
なんだか良い音の鳴るスピーカーから心地よい音楽。
ここで昼寝をしたらさぞ気持ち良いだろうな~。
い、いや、蕎麦、蕎麦。

蕎麦セットを注文。
b0053472_22132148.jpg


b0053472_22134172.jpg


まず、卵焼きがうんまい。
そして、蕎麦も!
この時期だってのに蕎麦が香る。
これも石臼引きの所産か。

そして、なるほどと思ったのが蕎麦湯。
蓋つきのお椀で来た。
「お椀の中に入れてください」

蕎麦湯ってさ、そそぐ器で来てそばちょこの中に入れてってのが大半。
でも、それだと最初が濃すぎるといつも思ってた。
なるほどこりゃいい♪
やわらかな水と香る蕎麦のいい蕎麦湯。
すごくよかった。

あ~おいしかった。
帰ろかな。

なんか最近、おいしいもので満足するとそのまま帰りたくなるのは
どういうわけだ?笑
いやいや、今日はたっぷり走ろうと思ったのだ。

帰り際に停めたバイクのところで、そのロケーションのよさにうっとりしていると
店主が来て、なぜだかバイク談義。
ここのご店主、昔、Z2に乗るバイク乗りだったそうで。
私の年代もある意味、「いい時代」のバイク乗りだと思うけど、ホントにいい時代
のバイク乗りはこの世代なのかも知れないななどと思った。

また長いね、ワタシ。笑

さて、水沼ダムを巡礼して広域農道を折り返そうかな?とも思ったけれども、
それではあまりにもマンネリなので、花園渓谷を抜けて行こう。
((涼しそうだしね)

花園渓谷を抜け、R349福島県塙町に出て南下する。
そのままR349を行こうかと思ったけど、気まぐれでめずらしくR118。
R118は久慈川を絡めて走る道路。
この時期の久慈川はアユ釣りの人がいて、まったく夏の風情。
水郡線の陸橋と久慈川とアユ釣りの人々。
なかなかに絵になる光景。

案外空いていて快走のR118からまたビーフライン。
ビーフから県道64へ。
途中お祭りで迂回を強いられるけど、ナビがあったのでさほど「ええ~」と
ならずにすんだ。

ところで、ビーフを走っている途中でナビがなぜか再起動を繰り返したあげく、
「この機器はご使用になれません」「OK?」
「OK?」じゃないっつ~の!笑
((いや、OKって押しちゃったけどさ~NOってのがないんだもん)
しばらくおかしかったけど、電源を2回くらい入れ直したら戻った。
ど~いうわけだ?
暑かったからかしらん?

そうそう、もちろん小山ダムは巡礼しました。
爽やかに放流中。
b0053472_22464648.jpg


[PR]
by 92xldegree | 2009-07-26 21:54
蔵王の湯 My little Ninja
さて、いったいいつの話だ?って感じだけど、GWのこと。

出発は5月3日。
常磐→磐越→東北道。
いや~常磐道でさえ渋滞だった。
まず、常磐道は3車線が2車線になる所で渋滞、その後も分岐では渋滞。
東北道でも、所々渋滞。

まあね。
それなりに覚悟して行ったからね。
でも、車だったらアレ、我慢がならないだろうなぁ。
(てか車だったら高速乗らないか)

今回は「よい温泉」がテーマ。
泥湯温泉(秋田県湯沢)にしようと思っていたが、さすがにGWに前日予約
というのは無理な話。
泥湯は旅館も少ないしね。
てなわけで、なんとか取れた蔵王だ。
足元自噴の硫黄泉を楽しみにgo!

といいつつ、ダム。笑
東北道 国見で降りて七ヶ宿ダム。

七ヶ宿ダムは福島県摺上川ダムのちょいと北。

去年の秋に宮城県 摺上川ダム、
山形県 水窪ダム、綱木川ダム、長井ダム、菅野ダム、木地山ダム
福島県 三春ダム、千五沢ダム
とダムダム旅をしたのだけど(記事は未作成ですな~)
温泉は幕川温泉水戸屋。(この温泉もよかった)

その摺上川ダムに行った時に、ああもうひと山越えれば七ヶ宿ダムだなあ
とちょっと心残りで、いつかは!と思っていた七ヶ宿ダムだ。

七ヶ宿ダム 堤高90mのロックフィル
b0053472_22501041.jpg


b0053472_22503144.jpg


上水道の取水塔
b0053472_2251092.jpg


落石通行止めで下の材木岩公園に行けなかったので、ちょっと辛い撮影。
やっぱり下から見たかった。
しかし、展示室のお姉さんはとても親切で、いろいろと案内していただいて
とてもよかった。

ま、ここでワタクシ、立ちゴケ一回。ガーン。
道路わきのコンクリの低い壁に足が挟まってたいそう痛かった。

ま、めげずに。
山形県上山市 生居川ダム 堤高47.8m ロックフィル
b0053472_2314430.jpg



さて、山形蔵王 かわらや旅館
バイクは玄関の右奥のガレージに入れていいってことでありがたい。
b0053472_22574069.jpg


でも到着するなり、またしても立ちゴケ。
さっきは左だったけど、今度は右側。ガーン。
旅館手前で停まった所が傾斜していたのだよ。
今度はハンドルは曲がるし、ウインカーも破損。
う~。

ま、めげずに。笑
昼がまだだったので、旅館街の目についたラーメン屋さんへ。
これが、いさぎの良いきっぱりとした鳥ガラスープで良かった!
まったく私好み。
b0053472_23262119.jpg


b0053472_23243821.jpg



さて、宿に戻って風呂だ!
このかわらや旅館は12時からチェックインできるので、温泉をたっぷり楽しめる。
足元自噴の硫黄泉 pH1.7の強酸性の湯だ。
b0053472_23294937.jpg


この湯、すごくよかった!
チェックアウトまで、私もK氏も4回も入ったよ。
ちょっと熱めなんだけど、なんてかそれが苦にならない。

まだ陽も高いので入湯の中休みに温泉街をてくてく散策。
蔵王は桜が満開だ。
b0053472_23373725.jpg


酸川神社の階段から。
K氏はこの階段をすんごい勢いで登って行って、後で脚がつりかけていたよw
b0053472_23375488.jpg



かわやら旅館の夕食。
なかなかにおいしかったね。
b0053472_23422254.jpg



朝風呂に入った後、宿を後にして蔵王ダム。

蔵王ダム 堤高66m 中空重力式コンクリート式
b0053472_23454245.jpg



この後、川原子ダムに寄るつもりだったけど、蔵王の県道12が結構混んでいてトロトロ。
時間もかかったので、高速のさらなる渋滞を恐れ白石ICから帰路へ。
東北道は渋滞していたけど、磐越、常磐はいいペースで走れた。

それにしても蔵王の湯はたいそうよいものだった。
立ちゴケを2度もしてしまったNinja250R号だけど、やはりカウルってすごいね。
まあ、R1000は別物として、BROS product1ではとてもあのペースでは走れない。
車体がいまどきなのもあるんだろうけど、あのペースで走ってもホントに車体は
安定している。
250ccなのにたいしたもんだな~。
えらいぞ!Ninja250R。
((とうとう倒しちゃったけどね)
[PR]
by 92xldegree | 2009-05-16 22:49 | Ninja250R
巨大なダム、長大な物語。その4
その4 おしまい編です。

翌朝目覚めて一番最初にしたことは、エンジンをかけることでした。
(((良かった。今日はバッテリーは無事だったw)

さて、バッテリーも上がってないことだし、ちょっとそこらへんを散歩しよう。
昨日はキビタキだったから、今日はオオルリ♪~ なんてね~。
んなことないか、ははっ!
とか思いながら。

しつこく書きますが、キビタキとオオルリは私の夏鳥の2大目標です。
どちらもそんなに珍しいという鳥ではありませんが、やはりバーダーの
なかでは会いたい夏鳥のトップクラスだし、あんまり平地にはいません。
渡りの途中ではいることもあるけど。

で、ふらふらと歩くとなんとそこには
b0053472_18565473.jpg


オオルリ!!
しかも2羽も。
((アリエネーww)
大きな画像は鳥ブログでどうぞ。

もうどんなことだと。
めまいさえ。
当然激写。
9:00の見学バスが気になりますが、とりあえず激写。
しかし、こんな幸運でこのあとどんなことが待っているのか若干不安。笑
キビタキ→バッテリー上がり
オオルリ→??

時間いっぱいまで撮り、高瀬川テプコ館へ。
b0053472_1924343.jpg


このバスに乗り込んで発車待ちしているときにバスの前をまたしてもオオルリが
飛んで行きました。
「あ、オオルリ!」と小さく叫んでしまったのですが、周りの人はまったく
見えなかったようで。

そう。
思うのだけど、キノコを探す人にはキノコの目、山菜を探す人には山菜の目。
そして鳥を探す人には鳥の目。
(((鳥目じゃないですよw)
私もやっと鳥の目が出来てきた!
実は前日の安曇3ダムに向かう途中にも走るバモスの前をオオルリが
横切ったのです。
この大町市、オオルリ天国。

鳥の話ばかりしていますが、今回の目的はダム行です。
さて、高瀬ダムに出発。

七倉温泉より先は一般車通行禁止。
高瀬ダムに行くのには、公認タクシーか徒歩かこの見学バスか。
このゲートから確か6kmだったかな。
b0053472_19103317.jpg



高瀬ダム 堤高176m
ロックフィルダムとしては日本一高いダムです。全ダムを通じても、
186mの黒部ダムに次ぎ第2位。
b0053472_19125099.jpg


私はロックファンなので、いつかは訪れたいダムでした。
だけど、ダムの下ではバスは停まらず。
バスからの撮影。
うーこれは残念だった。

天端(てんば)のすこし上の展望台より。
遠くに小さく写っているのが見学バスです。
どうです、この大きさが分かろうというものですね。
写真に写るダム湖の真ん中あたりにあるのが取水口。
b0053472_1917162.jpg


人もこんなに小さく見えます。
b0053472_19173898.jpg


見学バスは解説のおじさんが同乗します。
このおじさん、すごく話慣れていたなぁ。
とても上手でした。
おじさんによると、高瀬川やダムの水が緑なのは花崗岩の砕けた砂と
硫化水素(上流に硫化水素の温泉)があるからなんだそうです。

おじさんと唐沢岳
b0053472_1917587.jpg


さて、見学バスは新高瀬川発電所に廻ります。
ダムから1km位下った所に出入り口が。
基本ずっとトンネルです。
でんこちゃん乙。
b0053472_19284585.jpg


発電水車の入口弁。
なんて美しい。
b0053472_19293053.jpg


水車のシャフト。
残念ながらこの時間は水車が回っておらず、シャフトも止まっていました。
b0053472_19294912.jpg


ふ~。
そして帰路。
美しい山々の信濃路でした。
b0053472_1930781.jpg


さて、気を引き締めて帰りましょう!

・・・・すいぶん引き締めたつもりだったんだけどねぇ。
b0053472_1935776.jpg


ええと~
まず、豊科で乗って長野方面に向かう所、反対側の松本に行っちゃいました。
次にぃ~、更埴JCTから高崎方面に向かう所を反対側の上越方面の豊田飯山まで
行っちゃいました。
更埴からIC3つですよ。
いいかげん気づけよ私!!
いや~なんかナビが高速を降りるようにリルートするじゃないですか。
(((え~なんで下りるの?も~御冗談を~ww)
ふと、よ~く見ると、軌跡がない。
((((あれ?ここら辺の上信越道は通ったはずなのになあ?)
ま、最初の間違いの松本まで行ってしまったのは、行きに豊科まで乗らなかったから
軌跡がないのも当たり前だったのですが。

おそるべし自分!!

ちょっと我ながらびっくり。

とまあ、いろいろ予想外のことはありましたが、素晴らしいダム行でした。

おしまい。

出演
黒部ダム 大町ダム 七倉ダム 高瀬ダム 稲核ダム 水殿ダム 奈川渡ダム
キビタキ オオルリ
東電のおじさん


そうだ!載せそこねた!
七倉ダムの手前にいたサル
b0053472_20293310.jpg
[PR]
by 92xldegree | 2009-05-06 19:18 | ロングツー
巨大なダム、長大な物語。その3
蔵王のお湯に浸かっていてちょっと間があきました。
いやはや、高速1000円のおかげで東北道混んでた~。

で、その3。

しかしながらバッテリー上がるとATってシフトレバーまで動かなくなるのね。
知らなくってさらにあせった。

JAF様にバッテリージャンプしてもらい、とりあえず走っとけってことで
安曇3ダムへ。

安曇3ダムとは梓川の東電のダムで上流より、奈川渡ダム、水殿ダム、稲核ダム。

まずは稲核(いねこき)ダム 堤高60m アーチ
b0053472_21151031.jpg


そして水殿(みどの)ダム 堤高95.5m アーチ
b0053472_21191980.jpg


最上流の奈川渡(ながわど)ダム 堤高155m アーチ
アーチダムとしては黒部ダム、温井ダムに続き日本で3番目に高いダム。
天端を国道158が通る。
b0053472_21235160.jpg



なんか日付の感覚が吹っ飛んでいたらしく、ここから足を延ばして隣の岐阜の
御母衣(みぼろ)ダム、そのまた隣の福井県の九頭竜ダムを見てやろうと思ってた。
明日予約しちゃった高瀬ダムはもう一日延ばしてもらって、なんて。

でも、あ・・・・・・休みは明日までだ!!
((気づいてヨカッタ)

軽い失意のなか、また大町市に鼻を向ける。
道路わきのヤマブキがきれいだ。
b0053472_21404227.jpg



今日の夕飯は通りがかりの「岩魚郷」
ちょっとお高めだけど、まあ車中泊だし贅沢してもいいか。

って、最初に出てきたのが、岩魚の稚魚の踊り食い。
b0053472_21522188.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
なにが苦手って、これダメなんだよね~私。
でも、思い切って食べてみたけど・・・・・・・・もう絶対やらない。

信州牛
b0053472_21532597.jpg


b0053472_2154912.jpg


岩魚の塩焼きはおいしかったけど、ちょっと全体的に味が濃かったな。
そうそう、ちょっとめずらしいものでは信州サーモン。
刺身で出たんだけど、信州サーモンってブラウントラウトとレインボートラウト(ニジマス)
の掛け合わせで信州の水産試験場がつくって新しい名物とし売り出し中なんだって。
コクがあっておいしかったね。

ふ~食べました。

そして今日のお風呂は大町温泉のなかの日帰り入浴施設「薬師の湯」だ。
b0053472_2204396.jpg



さて、就寝。
おやすみ~。

【次回、またしてもサプライズ。そして高瀬ダムとあきれた帰路についてw】
[PR]
by 92xldegree | 2009-05-04 21:24 | ロングツー
巨大なダム、長大な物語。その2
はぁ。黒部、すごかったな~。

余韻の中、空腹を覚えて長野県道45 大町アルペンライン沿いで食事。
店名「すかんぽ亭」
b0053472_2213635.jpg


建物のそばの流れのほとりにはニリンソウ。
b0053472_02887.jpg


きれいだね。
b0053472_22391837.jpg


注文はもりそばとイワナの朴葉包み焼き。
そばもおいしいが、イワナの朴葉包み焼きが絶品。
味噌の上にのっているのは、ネギじゃなくってヤブカンゾウ。
朴葉の香りと味噌の風味とイワナの香り・味が混沌となってすばらしい!
たいへんおいしゅうございました。
b0053472_22161244.jpg


b0053472_22163868.jpg



さて、堪能したことだし、行きますか!

大町ダム 堤高107m 重力式コンクリート
((いやらしく桜と撮ってみたw)
b0053472_22265360.jpg


天端から導流部を望む。ラジアルゲートの基部とアーム♪
b0053472_22272890.jpg



そして、その高瀬川上流にある 七倉ダム 堤高125m ロックフィル
やっぱりロックはええなぁ~。
b0053472_22311839.jpg


b0053472_22314652.jpg


b0053472_2234495.jpg


高瀬川は槍ヶ岳に源を発し、上流から高瀬ダム、七倉ダム、大町ダムの3ダムが続く。
その最上流のダム、高瀬ダムは明日のお楽しみだ。
なんせ、七倉ダムの先の七倉温泉より上は自家用車では入れないのだ。
方法は3つ。
一つ、下流の東電高瀬川テプコ館からの見学バスに乗る。(要予約)
一つ、七倉温泉から公認タクシーに乗る。
一つ、七倉温泉に車を置き徒歩で行く。

もちろん由緒正しく、東電テプコ館からの見学バスをチョイス。
月曜休館なので、明日の朝イチで予約して9:00か9:30のバスに乗せてもらうが吉。
むふふ。
予定通り。(だったのはこの辺までだ)

さて、まあ風呂にでも入って鋭気を養おう。
七倉温泉手前にある葛温泉の 仙人閣
b0053472_22565011.jpg


桜×バモス
b0053472_22586100.jpg


内風呂 透明なお湯 単純泉
b0053472_22585726.jpg


露天風呂 ヤマガラやらルリビタキが鳴き、露天風呂の植木にはコゲラが来た。
b0053472_22591619.jpg


あはは~!愉快。
ここら辺で16時をまわったところだが、なんせ3時出発だったので、ちょっと休もう。
今回は車中泊。
目星をつけた所に車を停め、ぐーーーーーー。

目が覚めた時には、翌朝だった。
猛烈に鳥の声がする。
聞いたこともないような鳴き声ばかりだな。
ん~ネットで聞いたキビタキの声もするような。
まさかね。
そんな都合よくいるわけないよ。
(実に今期の夏鳥の撮影目標はキビタキとオオルリなのだ)

うとうとぬくぬくと布団の感触を楽しんだ後、ちょっと散歩。
すると・・・・・・・・・・・と!!!!!!!!!!!
キターーーーー(・∀・)ーーーーーーー!
b0053472_2395659.jpg


そ、そんな~予想もしない遭遇。
大きな画像は鳥ブログで♪

当然、撮りまくる。
ああ、無理。
9:00の見学バスなんかムリ。
午後のバスにしよう。

とひとしきり撮り終え、昼になって車を出そうと思ったら
シーーーーーーン。
ウンともスンとも言わない。
・・・・・・・・・・・・バッテリー上がってる。

愕然。

テプコ館に連絡を入れる。

「あの~13:30のバスを予約したんですけど、ちょっと車のトラブルがありまして、
明日の9:00のバスに変更できますか?」

く~。痛恨。

とりあえずJAF様を呼んで幸運と不運について考えるw

次回
【それならそれで、安曇3ダム アーチアーチアーチ!】
[PR]
by 92xldegree | 2009-05-01 22:20 | ロングツー
巨大なダム、長大な物語。
ふ~!
行ってしまった。
とうとう。
あまりにも有名で、観光地にもなっているので、いままで敬遠していたダム。

月曜日の午前3時出発。
土曜が出番だったので、月曜は代休だ。
それに一日休みをつけて29まで休みとした。

長野県側からアプローチ。
まだ先に上がっていくというのに、雪。
b0053472_22194220.jpg


途中、猿の成る木に驚きながら(いや、猿が木の枝ににたくさんいただけなんだけど)
扇沢駅に到着。
ここからは、自分の車では入れない。
トローリーバスで行くのだ。(架線からの電気で走るバスね)
b0053472_22205250.jpg


ダム駅到着。
バスはなかなかの混み具合。
中国語の渦に巻き込まれる。
どうやら中国からの団体客にまぎれ混んだらしい。
b0053472_22224526.jpg


なるほど、中国からのお客さんもたくさんいるようでパンフレットも中国語版が置いてある。
ダムって「水庫」ってんだな。
確かに「水庫」だね、などと感心しつつ、まだ見ぬダムにどきどき。
b0053472_22255348.jpg


長い階段は、どきどきを高める演出だ!((違っ)
b0053472_22281396.jpg


階段を抜けると、そこは雪に霞む黒部ダム
おお~!!
で、でかい!!
展望台からの眺めに酔う。

新展望台というのがこの下にあるということだが、今日は雪で階段閉鎖中。
b0053472_2315786.jpg


団体客がいなくなるまで展望台で愛でてから天端(堤体の一番上部のこと)に下りる。
どうよこのアーチ!
ううむ~オーバーハングになってるんだな。
b0053472_2382930.jpg


b0053472_238453.jpg


日本で一番堤高のあるダム。
奈良俣ダム(158.0m)も奥只見ダム(157.0m)も圧巻だったが、それよりも
はるかに高い。
b0053472_2315971.jpg


おお、どこまで行って滑るんだろう?
いいな、かっこいいな。
スキーを担いだ人もいた。
b0053472_23155016.jpg


8:30のバスに乗ったはずだけど、もう1時過ぎ。
いったいどんだけダムダムしてたか。
真っ暗なトンネルの中を進んで長野県側に戻ると・・・
b0053472_2323247.jpg


いつの間にか天気になっていた!
b0053472_23235447.jpg



しかしながら、「観光ダムだから」と軽んじていたというか、なんというか酸っぱいブドウ
だった黒部ダムだけど、それはやはりすごかった。
行ってよかった黒部ダム!

さて、
一日一話で終わらないw

次回、『思いもよらぬ良いことと良くないこと』
びっくりするほどの幸運と愕然なむむむ。
[PR]
by 92xldegree | 2009-04-30 22:28 | ロングツー
やはり楽しいNinja250R
もう乗ってもいいかな?
いいよね?
いいだろう?

ということで、今日はNinja250Rで北茨城だ。
とにかくバイクに乗りたかった。
ちょっと出るのが遅くなったので、高速で北茨城ICまでびゅ~ん。

それにしても、Ninja250R大したもんで、ぬおわで楽に巡航できちゃう。
BROS product1なんかその速度ではとても巡航は出来なかった。
やぱり、カウルの効果ってすごいな。
エンジンの回りもスムースだし車体もしっかりしてるから、その速度で
巡航しても疲れない。
ん~車体はヨユーなんだから、くれくれmore power~!

とりあえず水沼ダム巡礼。
b0053472_16534113.jpg

b0053472_2325143.jpg



そして花園川のほとりを歩くと・・・ああ、純白のキクザキイチゲが。
b0053472_16571033.jpg


b0053472_1701721.jpg


ちょいとピンクが入ったのも
b0053472_170449.jpg


純白のキクザキイチゲ、なんてステキなんだ!!

バイケイソウも萌えていた。
おいしそうにみえるけど、食べちゃダメ。
アルカロイドを含む毒草です。
ウルイ(オオバギボウシ)と間違えて毎年中毒例があるので要注意。
葉が展開すれば間違えようもないのだけどね。
b0053472_1751398.jpg


ここら辺の花園川は渓流なのだけど、流れがもったりしたところもある。
水がきれい。
ヤマメが4月から解禁ということで、この少し上流にはたくさんの釣りの人がいた。
b0053472_1794431.jpg


ヤマセミに会えたらと思って何度か通っているけど、今日も会えなかったな。
カワガラスとキセキレイには会えた。
ボツ写真だったけど。

しばらく川沿いを歩いて鳥見をするが、お腹が減ってきたし、さっき純白の
キクザキイチゲを見てなんだか満足したのでヤマセミは諦めた。

さて、かねてより気になっていた、増渕魚園。
今日こそは!



ここは釣り堀に併設されたお食事処。
b0053472_17212675.jpg


メニューは、シンプル。
ヤマメ定食、イワナ定食、ニジマス定食、さしみ、のみ。
定食は基本焼き魚だけど、刺身にしてといえば刺身の定食になる。
でも、刺身になるのはイワナとニジマスのみでヤマメはならないんだと。
b0053472_1722437.jpg


なので、イワナの刺身で定食。
ちょw 噂には聞いていたけど、すごいボリュームの定食。
b0053472_17225686.jpg


てんぷらは頼んでませんが?と言いそうになっちゃうよね。笑
小鉢はウドの炒め煮とフキの炒め煮、それと自家製のうんまいタクアン、
こんにゃく、何イモなんだかほっこりしたイモの煮たの。
イワナの刺身のツマにはワサビの葉っぱと花(実にさわやか風味でした)。
また、メインのイワナがうんまいこと!!
こんなおいしいイワナの刺身食べたの初めてかも。
てんぷらは、やはり山の物が中心でヨブスマソウやムカゴがよかった。
ちょいと衣が厚めだけど、そこは愛嬌と。
だって、これで1200円だってんだからオドロキだ。

食べきれないよ?
と思ったらみんなお持ち帰り用のパックをもらってつめつめしてる。
はは~ん、なるほどね。
私も食べきれなかったてんぷらをお持ち帰り。
(今日の夕食は天丼に決定だな♪ウチのタラノメも出たことだし)

K氏へのおみやげも出来たことだし、たいそう満足して帰路。
帰路は広域農道だ!
広域農道も楽しいぞNinja250R♪
ガンガン回すが吉。
b0053472_17464988.jpg


久々に走った!
やはりバイクは楽しいな~~。
[PR]
by 92xldegree | 2009-04-04 16:40 | Ninja250R
いよいよ本格始動 
容赦なく回せ。
とにかく回せ。

でも、ゆっくり乗っても楽しい。

そんなバイク。

b0053472_2313357.jpg



          <茨城県北茨城市 水沼ダム 重力式コンクリート 堤高33.7m>



「250 NEXT GENERATION・・・  新しい250の時代へ」

Ninja250R、 D-TRACKER X、 KLX250のカワサキのコピーだ。

今までこのコピーをながめても、そうピンとこなかった。
でも、今は、なるほどと思える。

一口で言えば、出力自体は落とさなければならなかったけれども、
乗って「楽しい!」と思えるバイク。
気軽に、とっつきやすく、その気になれば軽快で速い。

もちろん私の解釈だけどね。

 
 ****************


環境規制で、各メーカーは250 4発を生産中止とした。

もちろん、ただ単に出力だけを考えるなら4発だろう。
出力、ということを考えるならば、それこそ、その昔の45馬力時代。
パラツインのGPX250RIIだって45馬力だった。

ライムグリーンのNinja250Rを試乗したとき、まず、GPZ250Rの方が
パンチがあるなぁと思った。
同系エンジンのZZR250に乗ってみたことがないのが残念とも思った。
どうも何かと比較してみたくなる、また比較しないとうまく認識できない
のだね。

でもね。
ふと、ある時から思った。
あ~だこ~だ言ってないで、まっさらなココロで乗れと。

たしかにもうちょっと力があればなぁと思う。
ちょっともっさいところもあるよとも思う。
だけど、「250 NEXT GENERATION・・・  新しい250の時代へ」
なのだ。


 **************


b0053472_23143984.jpg



慣らしのレブ縛りを解禁してのビーフ&広域農道。
7、8000回転以上を使えば、(ワタシ的には)かなりいいペースで走れる。
高回転域はかなり気持ちのいい感じだ。
もうちょっと盛り上がり感があってもいいかと思うけど、
高回転域をキープしてのワインディングでは扱いやすい。
車体の操安感もとてもよい。

非イベント時(イベント→ワインディング)の気分ゆったりで走る感じも
悪くない。楽しく乗れる。

ファーストインプレッションとひとつだけ大きく違うところは、最高速。
それこそ、スピード社のレーザーレーサーでも着れば、メーターいっぱい
まで出ちゃうんじゃないの~?((ま、冗談ですけど)
ぬゆわ。
やっぱりカウルの効果ってたいしたもんなのか。
驚いたのは、その速度でも車体はとても安定していてさっぱり怖くもなんとも
ないということだ。
やはり今どきの車体だ。
エンジンの回りっぷりも軽々としたもので、かなり高い速度で巡航できる。




そうそう、やはりホジションは総じてとてもよい。

最初の頃は、ちょっと妙?と思ったステップ位置だったけど、これが足を
降ろした時にジャマにならない絶妙な位置だった。
体格やら着座位置やらによっても違うんだろうけど、私にとってはすごくいい。

前にも書いたけど、尻から大腿にかけてのホールドがとてもよいので、
すごく自然にニーグリップできる。
なので、距離を乗っても尻もさっぱり痛くならないし、骨盤-体幹の筋を
うまく使えるので疲れないし、バイクの操作もよくできる。

なんにも手を入れなくっても、これだけまともにポジションが取れるバイク
なんてめずらしい&スバラシイ。


まあ、これだけ扱いやすく、気軽に乗れて、しっかり走れるこのバイクは
私にとってはとてもよいもの。
現実的な速度域で楽しめるし、維持費も安いって所もいいところ。
久々にどこまでも走りたいと思わせるバイクだ。
[PR]
by 92xldegree | 2008-07-06 19:02 | Ninja250R
慣らし終了 南会津 // Ninja250R
さてはて、どうやら晴れの予報の週末。
どこへ行こうかな~どこへ行こうかな~と思っていたら、
そういや、ガストホフ逢う日会うでいのポイントカードがいっぱいだった!
いっぱいになると一泊ご招待♪なのだ。

さあ、大好きなエリア、南会津へ。

出掛けに、買ったばかりの黒いタンクバックをK氏に横取りされるという
ハプニング?があったものの、ウキウキ出撃。
なんせ乗りたかったからねぇ。

こちら方面に行く時にいつも休憩するコンビニ。
R1000の時はナンシーが出現したけど、今回はナンシーおらず。
b0053472_2142742.jpg


そして、八方ヶ原→日塩もみじラインの一部→塩那道路。
塩那をゲートで折り返す。
b0053472_21471579.jpg



その後、南会津をうろうろと走っていたら、なんと、旧伊南村のサンドリームが閉店。
このスーパー、ここら辺でキャンプ張る人が買出しに来る貴重なスーパー
だったのに。
私らも、林道入る前に飲料水やら非常食やらを調達するのによく寄るスーパー。
うーん、こりゃ残念だ。
b0053472_21541810.jpg



それはそうと、ふと気付く。
私もK氏もオンのバイクでここら辺走ったことがないってこと。
オンのバイクで南会津ってなんだかとても新鮮だ!てか不思議な気分だ。

不思議な気分のまま、宿に到着。
鳥撮りをしたり、露天風呂を楽しんだり♪
ここの楽しみは、しっかり手間のかかった料理だ。
暖かいもてなしのココロに癒される。

さて、次の日は尾瀬小繋ラインへ。
檜枝岐側からin。
朝のR352は、空き空きで快適。
(もっとも、いつも空いてるけど、さらにね)
尾瀬小繋ライン、イイネ~。
昔、ディグリーでいっぺん通ったような気がするけど、こりゃ~楽しいや。
とはいえ、慣らしの8000回転しばりでは、やっぱりちょっとムムムな場面も。
なかなかに眺望もよいのだけど、写真はなし。

そこから帰路につくが、途中で東荒川ダムに寄り道。
ちょっと全景は撮れなかった。残念。
b0053472_23449.jpg



自宅手前20km位で慣らしの1600kmを突破。
ふ~ようやくこれで元気よく走れるってもんだ。

■慣らし1600kmまでのNinja250Rインプレ■
→とにかくラク。
●ポジションがラク。
ステップ-シート-ハンドルの位置関係もさることながら、
シートとニーグリップするタンク(の下あたり)の幅と位置も
よいので、尻-腿のホールドも絶妙で大変よろしい。
まあこの辺りは体格も関係するんだろうケド。
●音がラク。
とにかく静か。
7000回転以上では、クォーンといささかマルチっぽい音なような
気がするけど、それも荒っぽい音ではない。
音が静かっていうのは疲れないものなのだなと気付いた。

●シフトの入りがいい。
試乗インプレでも書いたけど、このNinja250Rはよいと感じた。
すこっと入り、するっとつながる。
(ただし、私のカワ車歴は、AR50改80と、初期型バリオスと、KSRIIと
CS250、あと教習車で何回か乗ったゼファー750だけデス)

●車体の操縦性・安定性がよい
ホント、しくっと走ります。

走りっぷりは、慣らし後のこれからとするが、ひとつ。
帰りの福島・中山峠の下りで、唸った。
「下りが怖くない~」

私ね、下りが苦手。
怖いから腕が突っ張る傾向になっちゃって、どうにも怖さスパイラルに
陥るのだけど、このバイク、下り、怖くない。
むしろ、ちょっと楽しい?!
ポジションがしっかりよく取れているから?
車体の関係?
よくわかんないけど、これは意外だった。

それとね、やっぱりこのバイクってツアラーの要素があると思う。
まあ、積載性の問題は置いといて、上に書いた、静かなことやポジション
やらと車体の安定性が高いこと。
つまり疲れにくい。
(もっともね、250ccだからシフトは頻繁。クルーザー的な感じにはいきませんヨ)

**********
しかしながら、オン車でのツーリングってなんかちょっと不思議。
オフ車だと、舗装路ワインディングをガーガー走り、行き先の土地のモノを
食べ、林道を楽しむ、と3段攻勢?なんだけど、なんだかメインディッシュが
ないような気がしちゃうのは貧乏性なのか?習性なのか?
ウエアもどろどろぐしゃぐしゃにならないし。
今日のK氏語録 「セレブだなw」
なんか分かるような気がする。笑

まあ、なんにせよ、南会津は素晴らしい。
b0053472_025163.jpg

[PR]
by 92xldegree | 2008-06-16 00:31 | Ninja250R