thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
人気ジャンル
記事ランキング
画像一覧
<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
四国 番外 
さて、もうなんだかんだと四国から帰って一週間にもなるんだね。
やっぱり、ロングはいいなあ。
いつも山ばっかりで、あまり海の方には出ないんで、海モノを
食すことは少なかったんだけど、今回はたくさんの海モノを食べた。
激ウマ~!なモノばかりで、今思い出しても、うっとりするよ。

さて、四国レポの狭間で落ちた思い出迷子

b0053472_2219044.jpg











3つ?!!

このフェリーの食事は自販機オンリー。
ラ王のボタンを押したら3つも出てきた。
3つ食べろとでも・・・?!
びっくりしたので、湯切りせずにそのまま作ってしまった。



b0053472_21305451.jpg












はっすぃ~?
あややんによれば、ちと顔がちがうのが惜しいらしい。



b0053472_22262336.jpg









のんきな夕刊。
雪に降られた日の夕刊。
まったく、雪見酒どころではないさ~。




b0053472_21363454.jpg












コワイんですけど。
これ、桂浜でね、建物の一部が普通にお土産やさんになっているんだけど、
その裏手から「ヴォンヴォンヴォン~~ヴォ~ン」と土佐犬の吠える声が
またすごい。



b0053472_2151243.jpg











茹ってるあややん。
道後温泉の浴槽が深かったせいか?
いや、総じてあややんは、浴槽に入ってる時間が短いことを知った。
ちなみに私は、ちょ~長風呂だ。
あまりに長いため、家では時々、死んでるんじゃないかと巡回される。



b0053472_2282931.jpg









台風18号はただいま室戸沖を
15km/hで北北東に進んでおりますぅぅぅぅ。

室戸岬からお伝えしました。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-28 22:33 | ロングツー
雨嵐
いや~、今日の雨と風はすごかったね。
まず、雨と雹がきた~。

b0053472_19323234.jpg












とりあえず、雹対策。
何年か前にすごい雹が降って、ボンネットがぼこぼこになる車が続出したの
みたもんね。

ひとしきり降ったと思ったら今度は風もきた~。

b0053472_1932577.jpg











ハイ、すごい強風で、タオルケットふっとびましたよ。
鉢は倒れるは、バケツは飛ぶは、もうたいへん~。

さて、雨嵐前の本日のトピック
b0053472_20411028.jpg











b0053472_20413779.jpg













はて・・・みたことないきのこだ。
コウゾの朽ちた切り株から生えている。
ヤマケイの「きのこ」にも載ってない。
ん~。
特徴は、1、傘は半円形
2、表面に暗褐色の鱗片
3、裏は柄まで一面に管孔、柄は短い

だいたい、裏が管孔(網状)になっているのは、イグチ科。
イグチ科のものばかり調べるが違う。
探して探して・・・あった!
タコウキン科のアミヒラタケ!

タコウキン科というのは、まあ食べられるものとして代表的なのは
マイタケだ。
な~るほど。確かにマイタケの裏側も管孔だな。
タコウキン科のタコウとは「多孔」なんだろうな。
今まで、裏が管孔(網状)なのは99%イグチ科だと思っていたよ。

このアミヒラタケ、ちょっとマツタケのようなさわやかな香り。
大きくなるとコルク質になって、とても食べられたものでは
ないらしいけど、幸いなことに、やわやわの幼菌。

はじめてのきのこは、確信があっても食べないことにしているが、
どうも、うまそ~な香りなのと、他にまぎらわしい毒きのこがないので
網で焼いて食べちゃった。
なかなかにうまいきのこだったわさ。

b0053472_2144745.jpg












ニホンカナヘビ。
つかまえると、最初は嫌がって逃げようとするけど、
そのうち手の暖かさが心地よいのか、静かになり、さらには
はは~んと目をうっとり閉じちゃったりする。
そうなると、もう手を開いても手の上から逃げずにぬくぬくしてる
なかなかにカワイイやつ。
アップで見ると、うろこ状の体といい、まったくチビ恐竜だ。
なかなかにカッコイイやつ。
b0053472_21172257.jpg










さらに、本日最大のトピック(きのこでもトカゲでもない)があるのだけど、
これは、また今度。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-28 21:12
07 四国 その5
■5日目■国民宿舎土佐→県道14 R55 R203室戸スカイライン R55室戸岬→徳島■
のつづき
b0053472_22501950.jpg












シャリンバイ?の咲き誇る室戸岬から徳島へ。

ホテルにチェックインして、徳島ラーメンを食すべく徳島市街をうろうろする。

b0053472_2252115.jpg











南国ちっくだわ。
ささ、ラーメンラーメン。

b0053472_22461044.jpg











「来来」のチャーシューメン
基本的に徳島ラーメンはとんこつ&しょうゆらしい。
うまス。

そして、うろうろしてる時に目に付いた焼き鳥やさん「とりとり」
地鶏、「阿波尾鶏」の焼き鳥だ。
b0053472_2394894.jpg














b0053472_2310786.jpg













これまた、うまス。
あややん、ごちそうさま♪

■6日目■徳島→フェリー■
さて、フェリーは11:30
受付は一時間前なので、10:30には埠頭にいかねば。
鳴門の渦潮を朝に見に行こうかとも思ったんだけど、
今回はパス。
b0053472_22562678.jpg












フェリーの受付事務所前の駐車場。
ちなみに2年前の明石CSオフの帰りに、ほぼ同じ所でとった写真。
行きは自走だったな。
8年位前にディグリーで剣山を走りに行った時は、行き帰りも自走。
フェリーで、という頭がなかったよ。
b0053472_22595159.jpg











仕上げたばかりだったから、きれいだな~CS。


b0053472_232230.jpg











さよなら!四国。
また来るよ!
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-27 23:03 | ロングツー
07 四国 その4
■4日目■四国カルスト→R197→県道19→R56窪川→県道23県道47国民宿舎土佐■

つづき。
R56道の駅窪川で足摺岬へ向かうりゅうじさんと別れ、私たちは今日の
宿泊場所の国民宿舎土佐へ向かう。
去年の北海道は十勝岳のカミホロ荘以来、国民宿舎をすっかり見直した
ので、今回も国民宿舎に宿を取ってみた。

途中、県道47を走ってると思っていて、実はほぼ並行して走る県道23を
えんえんと走っていたが、まあ、行き着く先はだいたい同じなのでヨカッタ。

今回、なんと、私が頭をとっているのだ。
アリエナイ。
複数台で走るときは、私は絶対頭をとらない。


地形に合わせて沿うように造られている道路。
四万十川といい、四国の道路は地形に沿って造られているところが
多いような印象がある。
バイク乗りには、楽しいくねくね道だ。
でも、地元の車は、ホントにゆっくり走る。
四国は全体的にのんびりした感じがあるな。

さて、冷えた身体を暖めよう~!
宿の自慢だという展望露天風呂。
b0053472_213442.jpg












ちょっと雨天なので、景色がはっきりしないけれども、
晴れていれば、室戸岬さえ見えてしまいそうな絶景。
夜になると、数々の灯台がともり、なんともGood!

b0053472_21464376.jpg











夕食の量もちょうどいいくらい。
魚はカツオとハマチ。
これまた、おいしゅうございました。
あと、とろろが青さのりとあえてあるのが、またおいしい。
天ぷらもあつあつのを後から持ってきてくれる。
やはり、なかなかあなどれない国民宿舎。

b0053472_21404213.jpg
















■5日目■国民宿舎土佐→県道14 R55 R203室戸スカイライン R55室戸岬→徳島■
この日は晴れ。
ひたすら海沿いルート。

走れ走れ!後ろのセローあややん
b0053472_21455299.jpg












桂浜だわさ。
b0053472_21481993.jpg












坂本竜馬だわさ。おおきいのね。
b0053472_2149227.jpg












そして、いい匂い(食べ物じゃなくってね。花の匂い。)のするR55。
R55道の駅キラメッセ室戸の「鯨の郷」
これが、悶絶するほどおいしかったのであります。
どりゃ~食べ物4連チャン。
b0053472_21525121.jpg











b0053472_21531768.jpg











b0053472_21533311.jpg











b0053472_2154199.jpg













上から、鯨の赤みのたたき、鯨のさえずり(舌ですな)、ながれ(こちらでいう
トコブシ)、鯖寿司。
も~、どれもおいしいんだけど、特にさえずり最高!!
今までで一番おいしいさえずりだった~!!(ちょっと涙がでたよ)
私、鯨好きでいろいろな所で食べたけど、ここのが一番おいしかったさ。
鯨は、みんなミンク鯨ね。
鯖寿司も鯖がこれでもかってくらいおいしゅうございました。

もう、ここで、この四国ツーリングを終えて帰っても満足って位、
おいしかったさ。

悶絶しつつ、R55から室戸スカイラインに登る。
b0053472_2211896.jpg











b0053472_2159619.jpg

















ごきげんだ~!
やっほ~いのオラオラロード!

降りて室戸岬。
海の色がすごくきれいだ。
b0053472_2233120.jpg












ここからは、室戸岬の東側のR55をあがって徳島まで。
ちょうど、デジカメのメディアの容量が無くなってしまったので、
徳島まで画像はなし。

道的には、室戸岬の西側よりも東側の方が、流れもよく、
適度にくねっていて楽しい道だ。
ずっと海を横手に見ながら走るのが続く。
ホントに海がきれいだったよ。
室戸岬からしばらくは、岸側と沖側の海の色が微妙に違う
不思議さに見とれる。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-25 22:06 | ロングツー
07 四国 その3
昨日はご飯を食べるなり、ぐーぐー寝てしまった!

■3日目■松山→R378 R197 県256佐田岬→R197 県36 県383四国カルスト■
3日目途中でしたね。
それでは、3日目午後からのレポ。

おいしい魚を食べてゴキゲンで出発~。
お腹がいっぱいで、ちょっとまったりモードになるけど、そら行けオラオラ~
の道は続く佐田岬の道路。
b0053472_0521527.jpg











そこから大洲を通って、目指すは四国カルストだ。
近道だぞ。と思って通った県道36は、細いくねくね道だ。
しかも、たびたび、カーブの周辺だけ幅が広くなるというトラップ付。
を!広くなった~!イケイケ~。曲がり終わると、いきなり絞られて狭路。
ふうむ。
ところどころ集落があるのが、不思議な感じ。
標高が上がるにつれ、なかなかに寒~!

見えてきたぞ~四国カルスト!
b0053472_21552235.jpg











むむ。この荒涼感がいいな~。

鶴姫平で記念撮影♪
b0053472_2233240.jpg













b0053472_2224414.jpg











まだ、高度を上げていく。
この先、右側がストッと崖状になっていて、高い所が苦手な私はビビリながら走る。


ついた~四国カルストの東の端っこ、天狗荘。
ここは宿が愛媛県と高知県にまたがって建っている!
b0053472_2264198.jpg











ちなみに、宿の中にも境界線が引いてあったよ。

そして、今日の宿は、CS仲間の大阪のりゅうじさんも一緒だ!
ちょうど、りゅうじさんも同時期に四国まわるということで、
宿を申し合わせておいたのだ。

りゅうじさんは、今回はモトグッチのルマンだ~。
いろいろ手が入ってます!
b0053472_22185223.jpg












宿の展望風呂からの風景は、爽快~!
b0053472_131077.jpg











・・・・しかし、その爽快~な風景が、次の日の朝にはすごいことに
なっているとは、知る由もない私たちは、かんぱ~い!がはは~。
とか、のんきだったのだよ。
ごはんもおいしかったしさ。


■4日目■四国カルスト→R197→県道19→R56窪川→県道23県道47国民宿舎土佐

「くにさん!ま、まっしろだ~!」
の声にむくむく起きる。
なあに?まっしろって?
b0053472_22275145.jpg











あれ・・・・・・?
ん・・?え~・・・ゆ・・雪?!
うーん、さすが標高1350mの宿だ。
(感心してる場合じゃないね)

とオドロキつつ、りゅうじさんのルマンが気になったり。
b0053472_22333891.jpg











みよっ!このエキパイのとりまわし!
イロケがありますな~。

道路にしっかり積もってはいないものの、ところどころ道路の継ぎ目みたいな
ところがうっすら白かったりして、3人はそろぉりそろぉりと山を降りていく。
ガスってるは、雪は降ってるは視界が悪い。ううむ。
いいワインディングなんだけどなあ。。
ドライならオラオラロード。

なんとか無事降りて、R197から四万十川源流の県道19へ。
また、これも狭いくねくね道だけど、途中からはいかにも四万十川っぽい
風景となる。
沈下橋もかかっていたが、雨降り&さむ~なので、画像はなし~。
ほどなくしてR56にでて、道の駅あぐり窪川で休憩~。
b0053472_2243743.jpg











本当は、りゅうじさんと一緒に四万十川河口まで下る予定ではあったけど、
さむさむ~でめげちゃって、ここで宿へ向かうこととする。
りゅうじさんとは、ここでお別れだ。
スミマセンです、りゅうじさん。そしてありがとうございました!

そして、4日目途中にして、またもやつづくつづく。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-24 21:52 | ロングツー
07 四国 その2
b0053472_2348572.jpg













ああ、明日は仕事か・・・と思いつつ、自分用四国みやげの「ダバダ火振り」を
飲みながら四国レポ。
これ、めずらしい栗焼酎で、ひそかにウワサのものらしい。
味?むふふ、ウマイよ。
確かに栗のコクと甘みがある。

b0053472_23572844.jpg

















さてと、つづき。また長いよ~。
■3日目■松山→R378 R197 県256佐田岬→R197 県36 県383四国カルスト■
この日は、ワタクシ的キーワードの佐田岬と四国カルストだ。
ココロオドル。
しかもこの日は、晴天ナリ。
宿をあとに出発だ。
この泊まった宿、まあ、ビジホなんだけど、シングル3850円と格安ながら朝食つき。
その朝食がバカに出来ない。
バイキングなんだけど、たけのことタコの炊き込みご飯がおいしい。
む~ん、期待してなかったけど、これはよかったな。
ホテル泰平別館ね。

炊き込みご飯の余韻の中、オラオラ~走るぜぃ~。
b0053472_0254256.jpg











b0053472_0272767.jpg











佐田岬の道路って、てっきり海沿いを走るんだと思ってたら、なんと山なんだよ。
あんなに細い岬なのにね。
下段の画像の道路は中腹の県道。

佐田岬R197は、そりゃ~ゴキゲンなワインディング!
R197は、ほぼ稜線上を走ることになるのだ。

佐田岬に差しかかる前は、♪みさきぃ~めぐりの~バスは~はしるぅぅ~♪
な気分(いや、実際歌いながら走ってる)だったけど、
いきなりココロはシフト。
♪Highway to the danger zone ~Ride into the danger zone~ぉぉぉん~♪
激しく歌いながら走る。

県道に入ると1.5車線~1車線(それも軽サイズのね)になるから、あんまり
飛ばせないけど、こういう細かく幅の狭いワインディングもオフ車には苦でない。

で、佐田岬なんだけど、着いてみたらなんと突端まで行くのには1.8km歩くらしい。
オ~マイガ~!
b0053472_1145647.jpg











岬の手前1.8km ここが私の佐田岬 

と、あっさり引き下がる。
で、昼ごはんだ。

ちょっと戻った、民宿大岩。
刺身定食には、煮魚までつく。食べきれないほどだ。
b0053472_1195846.jpg











ハマチにアジに鯛にイカ(うっかり食べてから撮った~)
ううううまい。とくにアジとハマチ。
なんという歯ごたえ~。ををを。

b0053472_123029.jpg












これは・・・エビ・・?カニ・・?
シッポがあるからエビなんだろか?
と、あややんとエビだカニだといいながら食す。
どうでもいいけど、ウマ~。
帰ってからK氏に写真を見せたら、即
「おお、ウチワエビじゃ~ん」
幼少の折は、よく海で釣りをしていたそうで、はたして釣りでエビが取れるかは
ともかくとして、なかなか海産物に強いK氏である。

ふう~途中だけど今日はここまで。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-23 00:50 | ロングツー
07 四国 その1
ハイ!
無事帰着ナリ。
長かったようで、短かった!
私にとっても初のソロでないロング。
バイクはディグリー&セローだけど、今回は林道はナシ。
私にしては、めずらしく海をまわるのだ。
いつも山の中ばかりだから、たまにはこんなのもいい。

今回のワタクシめのキーワードは、うどん、佐田岬、四国カルストだ。

白抜きは、何泊めということ。
b0053472_19202840.jpg
















■1日目■フェリー→徳島→R192 R193香川・塩江温泉■
四国上陸。
やほ~い!
b0053472_18543622.jpg












さて、スタート。
でも、R192、R193ともにあまりペースの上がらないルート。
R193はいくらかましだけど。
塩江温泉は魚虎旅館
写真を撮るのを忘れたけど、地鶏の陶板焼きやら
あまごの塩焼きやらおいしゅうございました。

入っておけばよかったな~の公衆浴場 行基の湯
b0053472_17481366.jpg











夜は宴会~♪
行基の湯の川向にある道の駅で枝豆の豆腐やら、地元のおばちゃんが
作った漬物やら近くの牧場の牛乳を使ったミルクプリンやらを買い込み
乾杯でござんす。
b0053472_1842315.jpg













夜中・・・ぐーすか、イビキをかいてたらしいです!ゴメン!
酒を飲むと特にね・・。あはあは。
恐縮至極に候。
枕を投げつけられることなく、無事朝を迎える。
(うるさいってんで、昔、枕投げつけの刑をくらったことがある)


■2日目■塩江温泉→高松港→KAZさんち→うどん屋さん→こんぴらさん→R11松山・道後■
シャキ~ン。
目覚めがよい朝だが・・・やはり予報は当たった、雨だ。
そうこうしてるうちに、KAZさんのW2の音が!
KAZさん、不案内な私たちだから、宿まで出向いていただける
ということだったのだ。
あ~ありがたい。感激。
そして、神戸からのジャンボフェリーで到着予定のコキンジさんを迎えに
3人で高松東港へ。
そして合流。
コキンジさんは、さすらいのカブ90だ。
b0053472_18183884.jpg











KAZさんのお家におじゃまして~話し込んだり~バイクを愛でたり~。

角Z1~!
うすいブルーがきれい。でも、おっとこまえ~なバイク。
b0053472_18272346.jpg











ラビット~!
不思議と年月を感じないデザイン。まろ~りまろ~り、まろみがある。
b0053472_18281269.jpg












角Z1もラビットも実車を見るのは、実に初めてなのであった。
KAZさんのすごいところは、旧車ともいえるバイクを普段乗りしているところだ。
時としてバイクは非日常的なものでもあるけど、日常にとけこんだバイクという
のは、とてもよいもの。
着飾ることなしに、気持ちよく乗れるように手をかけているバイクは
実にすがすがしく、また、乗り手の愛情を感じる。

で、うどん。
KAZさんおすすめの「古奈や」のかまたま。
う~ん、おいしかった~!
b0053472_18425165.jpg












そして、コキンジさんとはここでお別れをして、KAZさんの案内で金毘羅さん。
といっても、その入り口だけ~(笑)
だって・・・七百何段あるっての。
ええ、入り口から拝んどきました。
信仰深いんで(疑)、入り口からでも大丈夫だよ。きっと。
b0053472_1845672.jpg












そして、KAZさん香川と愛媛の県境近くにある道の駅「とよはま」まで一緒に
走っていただいた~!
地元ルートでスムース!
雨の中ありがとうございました!

その後のR11は、まあ、数の小さい国道がだいたいそうであるように、
トラックは多いは、信号は多いはで閉口。
おおよそのバイク乗りが嫌いであるように、私もだいっきらいだ~。
てのと、すでに夕刻になっていたので、高速道路だ~。
走る~。
前にくろぉぉい雲が~。
どひゃ~。
なんだか雹じみた雨粒と風が強烈地帯に突入した~。
いてて・・!いていてっ!ったら~。
たいそう痛うございました。

「すんごい、わんわん振られてたよ~」
ん~振られてる気はしなかったのは、あまりに痛い雨粒のせいかどうかは
ともかくとして、道後温泉。

濡れた頭でメットをかぶったり、カッパまで着ている重装備を脱いだり着たり
するのがいやなので、ホテルへチェックインしてから向かった。

b0053472_19132692.jpg












b0053472_19134830.jpg












奮発して貸切の3階の個室だ。おっとな~。
道後温泉は、お風呂が2つあって、代金の多少によって入るところが別なんである。
堪能いたしました。

帰りは、路面電車。
コレっ、運転しちゃいけませんよ♪あややん。
b0053472_19191931.jpg












なかは木張りでレトロだな。
b0053472_19222155.jpg











調子に乗って、遠回りして路面電車に乗っていたら帰る方向への路線の最終が
出ちゃって、しばらく歩いた。
そ~したら、小降りだった雨が本格的にざーざー降ってきちゃって、ぬれねずみ
になったという落ちもつく。
やほ~い。

かくして道後温泉の夜は更けていくのであった。

つづく
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-21 19:34 | ロングツー
'07 稚鮎
さて、今年もやってきました稚鮎の季節。

道すがらの山の春。
小田山(宝鏡山)の東側に続く山。
春の装い。ステキにピンクまだら。
b0053472_211851.jpg













今年は、那珂湊港の外。
大洗水族館の向かいくらい。
b0053472_2121442.jpg












一匹目は、稚鮎でなくハゼどんだ~!
b0053472_21243266.jpg











一昨年の爆釣とはいかなかったけど、まずまずの釣果。
帰って、新玉ねぎとタラの芽と三つ葉と稚鮎(とハゼ)のかき揚げ丼として
いただきました♪
タラの芽と三つ葉は自家栽培ね。
今年はタラの芽早いなっ!
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-09 21:30
終わってしまった
b0053472_22234935.jpg













ああ、終わっちゃったんだな。

桜が咲き出すと、こんな風に思う。

もっとも、滑ろうと思えば、まだまだ滑ることが出来る所はあるのだけれどもね。

22歳の冬からはじめたスキーは38歳の今もなお飽きることなく続く。

挑むかんじがいいのだ。

前にバイクの話でも書いたけど、「怖がっていてもダメ、驕ってもダメ」

まさにスキーも同じだ。

そして、これもバイクと同様に
これだ!とつかんだつもりでも、さらにその奥がある。

路面(雪面)からの入力を感じつつ身を躍らせる。
(まあ、ついでにでんぐり返ってさらに身をおどらせちゃったりするんだけど)

たまらなくおもしろい。

スキーの楽しい要素は、滑ること以外にもある。

その、往路復路で延々と車を走らせることだ。

渋滞は苦手だけど、
ワインディングやふと開けた直線を

駆け抜けるのがまたいいのだ。

また、山でやるというのもいい。

海か山か、といわれたらもうぜったい山だ。

なるほど、これだけ好きな要素があるんだから続くわけだ。

ま、でも、好きな割にはうまくない、
スキーのために車の選択を考えなくてはならないという
悩ましい要素もあるんだけどね。

今年は雪が少なかったこともあってか、なんだかちょっと滑り足りない
ような気がする。

ああ、終わっちゃったんだな。私のスキーシーズン。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-06 22:55 | スキー
冷たい雨
b0053472_20245719.jpg











いやはや。
職場を出るときにぽつぽつ降ってきた雨は、5分と走らないうちに
どしゃどしゃになった。
冷たい雨。
寒い。
ウインターグローブは、なぜかほとんど防水が効いてなくって
ぐしゅぐしゅだ。

久々に雨に降られたな~。
[PR]
by 92xldegree | 2007-04-04 20:26 | CS250