thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
筑波山系林道 仙郷/端上/大塚真壁線   XLディグリー
秋ですね。秋だな。秋だよ。

てなわけで、またあややとおなじみ筑波山系林道へ
まあ、あややは明けだし、私は午前中勤務だし、近場をちょろっと。

しかしながら、秋うららって感じの天気できんもちいいったらありゃしない。

何週間前かに、結構雨降ったから端上あたりは、水で侵食されていて
荒れ気味。
そのほかは、いつもどおりの安定した路面だった。

途中、セローに乗らせてもらって、舗装林道を走る。
ををを、セローいい!中低速のトルクの太さとピックアップのよさに感激。
その楽しさに、
「ちょ・・ちょっとだけダートもいい?」(←ちょ~しに乗るなよ)
で、ダート。
これがまた、いい!車体は軽いは(ディグリーと大差ないはずなのにね)、
ステムも近い感じだし、フロントフォークもディグリーよりも良い仕事をする。
おまけに、驚いたのが、リアのディスクブレーキ。
今まで、ディグリーのリアドラムブレーキに不満なんかなかったけど、
すごいコントロール性が良くって、はっきり言って「あぜん」とした。
なるほど、ディスクブレーキってすごい。(なんか低レベルな話でスミマセン)

わあ、すごいや~セローって、と、ダートの途中でディグリーに乗り換えたら
「な・・なんだ?!このバイク??こ・・こわい~~!!」

ガ~ン。なんか大ショックでした。
まあね、私のディグリーは、リアサスのプリロードも抜いてるし、
フロントフォークも突き出してるような低車高仕様だからっていうのも
あるんだろうけど・・・。
((あら、いやだ・・私の・・・オフ車じゃないかも~泣)
と一瞬おもたのは気のせいに違いない。

しかし、そこは違いの分からないオンナ。
500mも走ったら、「そそ・・これこれ、こんな感じ」
とスバヤイ立ち直りを見せる。

いやはや、他のバイクは乗るモンじゃないね~。
いや~イケマセン。びっくりした。(爆

b0053472_21282175.jpg正装あやや

ブーツがまだ硬くってシフトが
大変だったらしい






今日のあやや語録は「オフ車最狂~」

あ・・あの・・・ナンデスカ?狂って?((爆
[PR]
by 92xldegree | 2006-10-28 21:39 | 林道
何になりたい?
テンニンソウ!テンニンソウではないだろうか!?

今年の北海道、阿寒湖南の39線沢林道に咲いていた、シモバシラのような野草。
あれはテンニンソウだったのではないか?

そう思ったのは、0時10分、湯船の中。
まあ、お風呂の中で本を読む習慣がある私は、ヤマケイの「秋の野草」に
見入っていた。

ふと思った。まあ、何度も思ってるんだけど。
あ~植物かきのこの分類学者になりたかったなあ。と。

きっと、一年の半分位フィールドワーク?(←妄想)

まあ、なんでも仕事にするのには、大変な事なんだろうけどさ。
だいたい、走り出したら止まれなくって、写真も撮り残しておけないんだから、
ただ目を惹かれてふむふむ言っている位がちょうどいいのかもしれないけど。


保育園の時、卒園の小冊子を作るのに、一人一人の園児に保母さんが
「将来何になりたい?」って聞いてまわってた。

まあ、男の子だったらパイロットとかバスの運転手さんとか。
女の子だったら、パーマやさんとかケーキ屋さんとか看護婦さんとか。

みんなよどみもせずに、「パーマやさん!」とか「かんごふさん!」とか
きぱきぱ言っている。

そうしているうちに私が答える番が近づいてきた。
((ああ、どうしよう。何になりたいかなんてわかんないよぉ)

「さて、くにちゃんは、な~んになりたいかなぁ?」

「う~ん、う~ん、・・・か・・・かん・・・かんじゃさん!」

(((あれ?なんか違う気がする・・・・)

保母さんは、うはっ!っと笑ってた。

あの時は、子供心にも恥かしかったなあ。
[PR]
by 92xldegree | 2006-10-24 00:55
小貝川サイクリングロード
ひさびさ自転車。
またまた小貝川サイクリングロードを南に向かう。

今日は、ひさびさだったし、出た時間もちょっと遅かったんで、
80km位と決めて走る。

b0053472_21174033.jpg
あらら、
ピ~ンチ!な木製橋。
通行止め。

実にたくさんの木製橋があるのが楽しい。




40km地点で折り返しだ。
うちから40kmってぇと、R6出るちょっと前まで。

帰りに、あややお勧めの「あきた」でお昼にするつもりでこいでくけど、
ちょっとお昼の時間が遅くって、ハンガーノック気味?なのか、
25km/h位なつもりでこいでも、15km/h位しか出てない。
脚に力が入らなくなってる感じになっちゃった。
えらく長く感じる道中をひーこらたどり着く。
b0053472_21275630.jpgb0053472_21353182.jpg









ちょっとあやしげな感じがしないでもない。   やきそば一点のみ。潔いぞ。

それにしても、品書きの「特盛、並もあります」ってのが謎。
「やきそば350円」と言ったら、普通、「並」のことなのではないのか??
K氏は開口一番「オレ、特盛っ!」
私は特盛にしようか並にしようか、またはその他(があるのか?)にしようか
迷っていたら、おばちゃん
「あ~、じゃ、特盛の下のヤツ作ってあげようか?」
・・・・・・・・特盛の下???
なんだかよくわかんないんで、それにしといた。

しまった。出てきたやきそば撮っとくんだった。
まあ、普通のソースやきそばなんだけど、ニンニク風味でガツガツ入る。
量はまあ、普通。
K氏の特盛も、まあ、普通な大盛りかな。
不思議なおいしさで、きっとまた立ち寄ってしまいそうな予感♪
今度は特盛にしようっと。

そういや、値段も不思議だった。
「特盛」と「その下のヤツ」で、850円。
K氏によれば、「特盛」が450円で「その下のヤツ」が400円なんじゃない?
ってことだけど、「やきそば350円」のその差の50円分の麺の量って
どのくらいなんだろうか?

くだらないことを真剣に悩みつつこぐ。
なんか今日は、ひさびさに乗ったからか、ハンガーノックになりかけたからか
帰りの15km位は、へこへこだったな。

帰りに自転車ショップのマツナガさんのところへ寄って、かねてから懸案
だった、サドルを交換した。
b0053472_22294748.jpg
局部が痛いので、穴あき。

セライタリア SLR GEL FLOW

をを、なんだかカッコいい。




K氏も負けずに?交換し、フィジークのロンディネ。
アリオネの長距離用のモデルらしい。
いちまんえん位したんだけど、「オレ、カタナのシート3000円で買ったんだよな・・・」

自転車、オソロシーですね。

本日の走行:
82.95km ave19.1 max39.6
[PR]
by 92xldegree | 2006-10-21 21:28 | 自転車
CS250復旧
b0053472_212294.jpg









先日撮った夕暮れの職場の駐輪場

手前の黒く写ってるのがCS、そのうしろがあややのセロー。
そのうしろの250刀の持ち主は、「オフはおもしろいよぉぉ~」と悪魔の?
いざないによりKDXの125を買っちゃった。((祝 オフ仲間

駐輪場に、同僚のバイクが並ぶのはなんとなくうれしいものだ。

CSはクラッチケーブルも交換して復旧。
ふと用品屋を覗いた時にNGKのイリジウムがあったので、買ってみた。
交換してみると、む?
b0053472_21453059.jpgb0053472_21464634.jpg







あれ?ノーマルプラグ入れたような気がしてたけど、デンソーのイリジウムが
入ってるよ。
やれやれ。すっかり忘れてた。
それにしても電極の回りにすごいガビガビの白いカスがついてる。
ワイヤーブラシでこすってみたけれども硬くってなかなか取れない。
なんだ?これって?

NGKのイリジウムは「max」という、デンソーの「タフ」に相当するものが
出てるらしいけど、CSの適合品はまだ出てないようだ。

今日はね、ヤボ用がてら一日休暇をとっていた。
あちこちまわるんで、CS号。
さわやかな秋晴れの陽のなかを走る。
新品プラグで、走りも軽やか。

せっかくいい天気なんでR1000で・・と思ったんだけど、細かい所を
こちょこちょ回るとなると、どうも敬遠しちゃうんだよなあ。

CSをぶん回しながら♪♪♪と乗っていて、ちと「ああ、R1000よ・・・」
まあ、このCSの目一杯感はとてもとても楽しい。
R1000のスゴサを感じながら乗るのも確かに楽しいけど、
なんつーか、CSの走りのこの親密な感じをなんと表現すればいいのか。

と思うと同時にR1000に乗る時間を作らねば。
でも、今週末は泊まりで出張。
ふううむ。
[PR]
by 92xldegree | 2006-10-12 22:48 | CS250
宇津峠                    XLR80R CRM80
結果的に来年に持ち越しとなった宇津峠の話。

宇津峠とは、山形県 飯豊(いいで)町から小国(おぐに)町に抜ける
R113の峠。

私らのターゲットは、この旧々道である。

ミシマの道なのである。

ミシマって三島由紀夫でないよ。
山形県の初代知事、明治9年から10年にわたって辣腕を振るった
三島通庸のことだ。
彼は辣腕ゆえ、「土木県令」「鬼県令」などと畏れられたようだが、
彼の壮大な道路網の整備は隣県の福島、秋田、新潟、宮城との間を
抜く峠の道路を一から開削したのだ。

去年、探訪したR121大峠も、元はミシマが
開削した峠だ。
ちなみに塩原のR400の元をつくったのもミシマ。

彼の構想、実績には、ただただ感服する。
ここのところミシマ浪漫に魅惑されているのだ。

で~も~ね~、週末、関東では強風だけだったけど、山形は雨嵐だったのだ。
なんたって、停めておいたバイクは土曜の夜の雨嵐で2台とも
ばたばたと倒れちゃった位だ。

日曜日は、いくらか雨嵐はましになったけど、なんせここのところの雨量だ。
道路保全の手をとっくのとうに離れてしまった旧旧道、走るそばから崩落しても
困っちゃう。
「自然」には勝つことは出来ないので、来年に持ち越しだ。くやしいけど。

で、南のほうが天気はいくらかマシになるようなので、あきらめて南に向かう。
大峠(これは新道のほうね)を抜けたら、天気雨がさらさら降る程度になった。

喜多方あたりでうろうろ。
道の駅 喜多の郷をベースに、なかなかお気に入りの熱塩温泉へ。

b0053472_2294658.jpgb0053472_2210274.jpg









共同浴場は200円。                  足湯もあるよ。
この一軒先の雑貨屋さん?でお金を払う。
文字通り「あつくて」「しょっぱい」温泉だ。
もちろん源泉かけ流し。
ここのお湯がなかなかいいんだなあ。
一般の人は16時までね。

なんと、2週間前に改装されたばかりとかで、随分きれいになっていた。



来年は、小国の白川湖あたりの探索も含めて旧旧道の宇津峠探訪したいね。
小国の山は、飯豊山の北側に位置し、「白い森と」自治体が押し出しているように、ブナの
美しい山なのだ。
とにかく、このあたりの山はいい。
なにもない。あるのは山だけ。
いいでしょ?!



今年の廃道探訪はおしまいおしまい。
[PR]
by 92xldegree | 2006-10-10 22:28 | bike