thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
人気ジャンル
記事ランキング
画像一覧
<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
小貝川サイクリングロード
さて、久々自転車。

今日は、小貝川サイクリングロードに行ってみた。

このサイクリングロードは、川の堤防を走るから、いつもいくりんりんロード
と違って交差する道路があまりないため快適。

ただ、突然舗装が終わってしまったり、突然行き止まりになってしまう所が
結構あった。

今回は下妻あたりから入って下館まで。どうも南は取手や利根町、北は
益子町あたりまで続いているらしい。すごいな。


今日は雲をかぶった筑波山。
しかし、この携帯のカメラは青っぽく写るね。
b0053472_17395247.jpg



なんと木だよ。土台はコンクリートだったけど。
b0053472_17445685.jpg


しばらく行くと支流のほうにまたあった。2tってあるけど、車で渡る気はしないよねえ。
b0053472_1745963.jpg



最近ちょっとへばっていたので、結構ヘロヘロ。
ちょっと油断すると土手の草むらの中を走っちゃったり。
そういや、いっぺん立ちゴケもしたな。
足を出したような気がしたのにペダル外れてなかった。

そんなこんなで、K氏は真岡まで行こうよ~ということだったけど、
勘弁してもらって下館で引き返す。

走行距離72.53km ave18.4km/h max41.3/h

と、またしてもアベレージが20km/hを割る結果に。ううむ。

でも、なかなかよいところだな。
今度はもっと南側か北側にアシを伸ばしてみよう。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-27 17:55 | 自転車
北海道準備
ちょうどあと一週間後に出発。
今年も夏のロングは北海道だ。

さて、今年もディグリーなわけだけど、去年スプリットファイアーの
かわりに入れたノーマルプラグがなんとなく今ひとつなので、
ちょっと奢ってイリジウムプラグにしてみたよ。
なんせ単気筒でプラグも一本だからいいよね。
この際だからCSもイリジウム入れちゃおうとおもったけど、CSの
適合品番は置いてなかった。ふんだ。
b0053472_15444297.jpg










エンジンオイルを交換して、クーラント交換して。

シュラウドを取るとちとマヌケなディグリー
b0053472_15475243.jpg


リザーバタンクの中も抜いて洗浄
b0053472_1548969.jpg



エアクリーナーも交換いつ交換したんだか
わかんなくなっちゃうから書いちゃえ
b0053472_15513366.jpg



今年は軽整備で終了。
さて、今年はどこを走ろうかな。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-26 15:57 | XLディグリー
ゴリラ
そうそう、ゴリラのことを書こうと思ったんだった。

ゴリラに乗り始めたのは'85年、17歳の時だった。

なんでゴリラかって言うと、小学4年生くらい?の時に信号待ち
をしている黄色いゴリラをみて、
「わ~なんてかわいいオートバイなんだろう」と思ったからだ。
当時から大きい子とはアタマ一個分くらい違ったちびだったから
これなら私もおとなになったら乗れるかも~なんて思ったのを
覚えている。

さて、私の高校時代というのは、まあ空前?のバイクブームだった
時代で、今とは比べ物にならないくらいバイクの選びようというものが
あったように思う。

当時、高校生が乗る原付といったら非スクーターでは、MBX50やら
RZ50やらRG50ガンマやらAR50やら。

とはいえ、ゴリラ!ゴリラ!と思ってた私、でも、ちらっと思ったね。
MBXカッコいいかも。
でもね、今思えばほほえましい話なんだけど、とても大きく見えてしまった
わけですよ。MBXが。
カタログスペックでもシート高770mm。
まあ、今だったら、原付なんて100kgもないんだし乗れないわけはないんだけど、
その当時はとても乗れない・・・と思ってしまった。
まして、高かったんだよね。20万円位してた。中古でも高かったていうのも
あるんだけど。

ゴリラはサ、新車でも12万円くらいだったのね。
それでも、高校生にとっては大金でお金ためるの大変だったけど。

ゴリラ買ってからは、もうバイク!バイク!バイク!だったなあ。
私の高校時代は、一年生はボーっと過ぎ、二年生は部活に励み、
三年生はバイクだった。

バイク!バイク!な話は前に書いたけど、
一台目がゴリラで、ホントにヨカッタナと今更ながらに思う。
もしもMBXだったら、わたしのバイク生活は大きく違ったものになっていたと
思う。
ひょっとしたら、今に至るまでバイク乗ってなかったかもしれないな。

とにかくこのバイク、走る所を選ばず(オンオフ問わず)ぐりぐり走れた。
どんなにコカそうが、ほとんど壊れず、なんせ、両足つくから怖いものなし。

この当時、私はバイクはバンクさせりゃさせるほど曲がれるというヘンな
思い込みみたいなものが出来ていて、転んでも転んでもバンクさせることに
精を出していた。お馬鹿だね。
その後にK氏その他に指摘されるまで、ずっと、バンクさせすぎな人だったっけ。
(まあ、この頃はディグリーがメインだったんだけど)

指摘された後は、今度はバンクさせられなくなっちゃって、コレはコレで困った。
しばらく、どう乗っていいのかわかんなくなっちゃった。

でも、今でも覚えてるけど、'98年位に女性限定のメーリングリストのオフ会
(奥多摩だったな)の帰りに「あ、こんな感じ?!」みたいなのを突然につかんだ。
いまでも、あのコーナーを思い出せる。

スキーとかでもそうなんだけど、あれこれ思い悩んで試しているうちにふとある時
「これだぁ~!」といい感触をつかむことができる。
まあ、その時「これだぁ~!」と思ったのはまだまだ入り口で奥はもっと深いことが
また時を経て分かるわけだけど。

その後、林道を走り出し、私はトラクションというものについて考え始める。
(てか、それまで考えてなかったのか?!という突っ込みはナシってことで・・笑)

なんだかゴリラというお題から離れていったけど、まあ、バイクというものは
当たり前だけど、奥が深く、おもしろい!
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-23 23:09 | bike
むふふ その2
ええと、なんかヒサンな生活?と思われたかもしれませんね。
まあ、今のトシでこんな感じだったらちょっと辛いかも
しれないな。確かに。

でも、この生活で、まいったなと思っていたのは、バイトを
する時間がないこと、そのくらいなモンなんですわね。
だって、何とか当番がこれだけあったら出来ませんよ。
門限もあったしね。(たしか22時)
私のガッコは、なんせ、8時半から5時半まで、びっしり
日曜以外は講義があるもんだからそりゃ~時間なんてなかった。
ひどい詰め込みだね。まったく。

なので、バイトはもっぱら単発のイベント系でした。
巨人×なんとか戦のチケット取りで、夜通し並ぶなんていう
のもやったな。
イベント系のバイトでは何度かやるうちに盛岡博報堂
(まあ、博報堂グループみたいなもんですね)に
「あなた、岩大生?何年生?ウチにこない?」なんてことも
あったっけ。
(岩手大学のことを岩手ではガンダイと呼ぶ。語感がすごいね。)

また、前置きがながくなったけど、つづき。

さて、留年も免れて3年生になるわけですが、さて、アパート
どうしよう。
なんせ、3年生は6月から12月くらいまでの半年、北は北海道
から南は山梨あたりまで、2ヶ月ずつあちこち実習に
行かなくてはならないわけです。
半年空ける住まいにお金をかけるのは、大変ばかばかしいこと
と考えた私たちが移ったアパートがまたすごい。
盛岡駅から歩いて10分足らずのところなんですけど、なんと
家賃1万円~!
何度も言いますケド、80年代の終わりです。
トイレ、台所、共同。風呂なし。
玄関も共同ね。
ここに同級生の寮生6人のうち5人がそっくり移ったわけです。

でもね、今度は6畳の部屋ですよ。ろくじょう♪

そして、6月から実習に出かけるわけだけど、その土地での
住まいは学校が借り上げているアパート。

これが、またすごい。

埼玉の平方にあるアパートには、築何十年?てな感じなのは
いいとしても、ほんとに何もなく、洗濯は風呂場でぐしぐし
とアシで踏むんですよ。これが。
平方の駅から15分くらいだったと思うけど、コインランドリー
さえなかった。
8畳くらいの部屋を2人でシェアするわけだけど、
「こんな洗濯初めてした~!」と2人で感慨すら覚えましたよ。

旭川では6畳2間位のところに4人。
これは別の学校の人と一緒だったな。
ここは2年生の時に行ったんだけど、2月の極寒のときでした。
木枠の窓で、寝てると布団の胸元というか息がかかる所が
微妙に凍ってしまうという、なかなかサバイバルな感じでした。
先輩が「ふふふ・・・行けば分かる・・」と言った訳を
しみじみと感じましたね。

まあ、思い出せばきりがないんですけどね。

盛岡の家賃一万円のアパートは、テレビも冷蔵庫もなかった。
洗濯機は共同のがあったんで助かったね。
実習から戻った冬に、ロックアイスを買って、使った残りを
押入れの布団のなかに押し込んどいたら(なんせ冷蔵庫がないから)
なんと3日間氷のままでしたよ。
コレには驚いた。

でもね、なんだかんだ言ってこのビンボー生活、さして、苦とも
思わなかったのは不思議。
ビンボーだと、人って創意工夫するものだし、生活がシンプルで
大変よろしい。
財布の中に月末あと10日を残してお札がなくっても、ちいっとも
あわてない。

若い時のビンボーはいいもんです。
ほんとになかなかのビンボーでヨカッタナと思います。ホント。
この頃のことを思い出すと、なんか自然と「むふふ♪」と
笑えます。

しかし、このビンボー時代に、60km/L近く走るゴリラは
ヨカッタね。

追記:そーいや、思い出した。
私は盛岡時代に白いバイクに乗った人から青いチケットを何枚か
いただいてる。
茨城県では停められたことは何度かあったけど、なんか勘弁して
もらっちゃって一枚も頂いたことはなかった。
岩手県警の方は、ぜ~ったい許してくれなかったよ。
これは岩手で悲しかったことの上位3位以内に入るね。
それにしても、原付の30km/h制限ってひどいよね。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-22 22:26 | bike
ゴリラ   むふふな盛岡時代その1
b0053472_23324569.jpg

でてきたでてきた。
探してた一枚だけあるはずのまともな
ゴリラの写真。

'88年5月。盛岡の学生の時の寮の中だ。
たしかゴールデンウイークで、みんな帰省
しちゃって誰もいなくなった寮の廊下に
バイクを入れちゃったんだっけ。
((ええ一応タイヤはふきましたよ)

ゴリラの話しをしようかと思ったんだけど、
すんごいでしょ、この寮。


木造築何年??の元診療所なんだそうだ。
住所の宛名的には「女子寮」ってことなんだけど、
ふるっ~い灯油のポリ缶には、「くれない寮」って
書いてあった。
くれない寮・・・?ってやっぱり「紅寮」なんだろうなあ。

なんかもう名前自体がヤバそうな感じプンプンだけど、
現実にはもうそれはなかなかなもので、各部屋の壁は
ベニア張りそのままで壁紙すらない。

私のガッコウは3年制で、1,2年生はそのまま寮にいられる。
3年になると、実習で半年放浪の民となるので強制的に
出なくてはいけないことになってるらしかった。

1年生は10畳位の部屋を2人でシェアする。
2年生になると1人部屋に移れるんだけど、コレが、なんと
2畳半(!)~4畳半なんだよね。
これは公平にくじ引きでどの部屋に当たるか決まるわけだ。

で、ワタクシ、ものの見事に2畳半の部屋に当たるわけですよ。
2畳半っていったら、あなた、机入れたら布団なんてアタマ側
アシ側丸まっちゃいますよ。
まあ、ちっちゃいんでまっすぐ身体を横たえることは出来たけどサ。

この寮のすごい所は、その運営システムにもある。
確か1年生2年生合わせて12人くらいいたと思うんだけど、
なんとですね、3グループぐらいに分かれて、食事当番やら
風呂当番なるものがあるわけですよ。
食事当番は、もちろん?食材の買出しから朝夕のメニューの
組み立て、食事つくりをするわけですよ。
そして風呂。
なんとこの寮には自前の風呂はなく、隣の看護学生の寮
の風呂を週に3回借りる訳だけど、風呂当番は、その風呂の
順番と時間の管理(なんと1人着替え含めて20分!
だって広い風呂ってモンでもなくごく普通の家庭風呂サイズの
風呂なので1人ずつ入るしかない)、
そして、最後に風呂掃除をしなくってはならないわけですよ。

私の学生時代というのは、'86~'89年。
世に言うバブル真っ盛りの時代ですよ。

今思うととてもドラスティックなことですね。
(もちろん、その当時だって、なんだかすんごいよなあと思っていた)

たしか寮費は食事コミで1万5千円だったのではないかと記憶している。
その当時、同級生の借りていたアパートの平均相場は、風呂ナシで
3万半ば、風呂ありで4万半ばの線だった。
まあ、これは比較的貧困学生のアパートであって、
同級生の彼氏(医大生)の住まいは、なかなか立派なマンションで
7万円くらいだったらしい。

さて、風呂が週3回というのは、先ほどかいたけど、冬場はまだしも
夏場はイクラナンデモ週3回というのは、ちと困るわけで、我々寮生は
銭湯に出かけるわけである。
洗面器かかえてね。石鹸カタカタいってましたよ。
「神田川」じゃないんだからさ、まったく。ほんとに。

銭湯って、いまあるようなスーパー銭湯みたいな気の利いたところでは
なくって、ホントに銭湯。
たしか260円だか280円くらいだったように思う。

盛岡市内には、いくつか銭湯があり、歩いて5分強の「梅の湯」と
歩いて10分強の「夕顔瀬の湯」という所があった。

近いほうの「梅の湯」は、果てしなくお湯が熱く、ちょっと遠い「夕顔瀬の湯」は
も少しぬるめなのだけど、前者湯温44度~45度、後者42度~43度である。
ぬるいお湯が好きな私にとっては、はっきり言ってどっちにしても暴力的な熱さだ。
もちろん、水を出そうものならオバサンに叱られてしまうのは言うまでもない。
夏にこんなお湯に入って家路に着くまでには、風呂に入ってさっぱりして
きたんだか、汗だくになってきたんだかよくわからないことになるわけだ。

ねえ、これ、ホントに80年代後半の話よ。

さて、この後、3年生でこの寮を出てからののさらにドラスティックな話
については次回に続く。

Life goes on bra!!
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-22 01:23 | bike
仙郷林道 端上林道 大塚真壁線            XLディグリー
b0053472_16492919.jpgああ、夏の陽や夏の陽よ

今日は、あややのセロー納車お祝い林道っぱしりだ。

なんせ、今度はモタードでなくって歴然としたオフ車。

そりゃ~もう、なんたってうれしい。
(DR廃車で残念なのにごめんよ~)

私がうれしがるのもヘンだけど、うれしいのだ。

てなわけで、筑波山系林道へゴオォォ~♪




水溜りの残る仙郷林道を抜けて端上林道
b0053472_1781912.jpg端上上がって一休み♪

端上は轍は浅かったけど、水で浸食されて
少し掘れているところがあって、
大丈夫かな?
とミラーを覗き込んだけど、あやや、
うまいこと走ってる。



自分が初めて林道を走ったことを思い出す。
なんたって、器用なほうではないし、びびりん坊な私は
がちょがちょに掘れてる方のを目にすれば、オソロシさのあまり
行きたくもない掘れてる方に行っちゃったり、ゴロっとでっかい石が
あれば、なぜか石の方に向かって行っちゃったり、それはもう、
メチャメチャだったのだ。

それはさておき、稜線上を走り大塚真壁線八郷側を下って、
また登ってお昼♪下っていくと
みかけない蕎麦屋を発見♪
b0053472_17445965.jpg
こんな蕎麦屋あったっけ?と
思ったら、今年の7月にオープン
したんだって。
もりそば一品のみで勝負という
潔い姿勢とあって、よいソバだった。

店名「山の神」
土日祭日営業
県道41から真壁の消防署の
交差点で八郷方面の県道7に入り
少し上がった所にあるよ。


しかしながらやっぱり山はホントに楽しい。

帰りに家間近で三万キロ♪
b0053472_186164.jpg
ううむ、ちょっとぞろ目を逃した。

自分自身で3万キロも乗ったバイクは
このディグリーとゴリラだけだ。

考えてみればディグリーも13年
13年で3万キロってどうなのよ?
って気がするけどさ。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-19 18:18 | 林道
けごんの滝
華厳の滝って言ったら、日本三大名瀑の日光の滝だ。

いやいや、インゲンのはなし。

サカタのタネから出てる、インゲンの品種の名前なんである。

で、どうって?
b0053472_0373144.jpg長いんである

ちなみに私の親指~中指間は17cm




今年は、芽が出た所をトリに食されて
しまって、育った株数が少ないが
これで、株数があるとこんなだ






このインゲン、長いのもすごいけど、おいしいんである。
味が濃くって、コリっとしている。とても。
普通にスーパーに売っているインゲンとは比べ物にならない位だ。
ここ3~4年作っているんだけど、9月いっぱい位はじゃんじゃん取れる。
ほっとくと、50cmくらいになって、まるで縄?
(去年北海道から帰ってきたら、縄のれんのようになってたいへんオソロシかった)
でも、40cm未満で鉛筆よりひとまわり細いくらいでとってしまったほうが、
おいしい。

家庭菜園ばやりだけど、こういう流通に乗らない家庭菜園向けの品種って
けっこうあって面白い。

なんで流通しないのか。
んん、、やっぱり輸送、陳列しにくいからかな?

だって、スーパーとかで、でろんとながぁいインゲンがおいてあったら、
ちょっと「・・・・・・」
長いからって、針金みたいにくるくるっと巻いて束ねてあっても「・・・・」

まあ、実にどうでもいいことなんだけどさ。

自分でつくったものは、なんてったって新鮮なので、なんでもおいしいので
あるが、お勧めは、このインゲンとオクラ。

オクラの花は実にきれいなので、たいへんよろしい。
なんせ、オクラはアオイ科の植物なのである。
フヨウやムクゲの花にそっくりだといったらわかるだろうか。
ちなみにハイビスカスなんかもアオイ科。

ちょきんと切りたてのオクラは、スーパーで売ってるものとはぜんぜんちがう。
ちょっと目を離したスキに20cm位ににょきにょき育ってしまったオクラは、
なにかが乗り移ってしまったかのごとく、おそろしくスジっぽく硬派なニクイヤツ
になる。
もはや食べ物ではない悲しさにたそがれるもの醍醐味だ。
生を刻んで使ってもいいけど、ゆでると渋さと青臭さが消えるので、苦手な人は
ゆでてマヨネーズで食べるのも吉。

そうそう、今年はまったのは、ルッコラ。
ルッコラっていうのは、サラダやピザなんかに入れることが多いアブラナ科の
一年草で、ゴマのような風味と苦味辛味があるハーブの一種。
たいてい茎が出る前の葉っぱだけの時に収穫して生食することが多いかと
思われるけど、コレを花芽がつく一歩手前位まで伸ばして収穫。
それをゆでてゴマ和えするが吉。
飼いならされたような野菜では物足りない方に是非おすすめ。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-05 01:49 | 園芸
初サーキット♪                  CS250
といっても、ミニサーキットなんだけどね。
あややに誘われて、茨城県は霞ケ浦町のトミンモーターランド
ロードコースデビュ~なのだ。

去年、MXコースデビュ~したんだけど(ん、でも一回きりだな~)、
オンのコースって、なんたってツナギがないんで敷居が高い。
K氏のツナギを着てみたけど、息苦しいまでのかび臭さ。
「かび臭いよ~」と嘆いていたら、あややが
「もう、着ないのあるから、あげます」って。
うわわ~ん、ありがと♪

今度はバイクで迷う。
K氏もあややもR1000で行けって~けど、
1000kmチョイ超えのまだ慣らしも終わってないR1000?ミニコースでしょ~?
って聞けば、みんなリッターSSで走っているらしいけど。。
まあ、デビューだしさ、ご老体にムチ打つ様でちょっと気が引けるけど、
ここはCS250で。TT900GP履いてるし。
一瞬ディグリーにしようかと思ったんだけど、いかにせん、もろにブロックパターン
だから、ちょっとふざけてるかな~と。

あややの竜洋つながりと、ショップつながりで9人で貸切♪
初めてなの私だけだったんで、ちょっと気後れしたけど、9人で貸切だったんで
のびのび走れました。
あややは、借り物の'90?'91?GSX-R1000。でも、他のメンバーのDR400モタ
だのDR650だのCBR250RRだの逆車のスズキのスクーターだのいろいろ借りて
乗ってたな。

b0053472_1651843.jpgいただいた画像で差し替え
自分走り~♪
自分的には、「♪♪♪~」とゴキゲンに
走っていたつもりだけど、走ってる姿って
あんまりカッコイクナイ・・のね・・。

スキーとかでも、そうなんだよねえ。
あまりのイケテナイ姿に
「こんなのわたしじゃないぃぃ~」笑


いや~対向車来ないっていうのはホントにいいね。
コース幅もミニサーキットとはいえ、普通のワインディングなんかよりもあるからラク。
でも、もてぎのスクールでも指摘されたけど、やっぱり私、左回りが苦手なんだな。
今日はじめて実感したよ。
ここのコースは、右回りで右のコーナーが圧倒的に多いんだけど、一箇所だけ
左のコーナーがある。
それも7R。このコースで一番Rがきつい所だ。
ここが、えらい苦手だった。

b0053472_203645.jpgふうう・・
あんまり暑くなくってよかったな

ツナギはあややからのいだだきモノ
ブーツはK氏からの借りモノ





いや~楽しかった♪
車やお巡りさんを気にせず走れるっていうのは、ホントにいいねえ。
[PR]
by 92xldegree | 2006-08-02 20:11 | CS250