thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
高畑スキー場 その4
またまた 高畑スキー場 
滑走日数8日目
今日は雪。トップは風も強かった。
b0053472_22564376.jpg










コブラインでの滑り

本日のテーマは、新しい板-salomon scream8 pilot-の試乗。
昨シーズンの型落ちモデルをヤフオクで安く手に入れた。
フリーライド系の板。
私が今乗ってるのは、salomon demo8 3V pilot。
もっと、コブ向きであったらと思って買ったが、結局この板はK氏の
元へといってしまうことになった。
K氏も技術の幅が広がり、深雪や不整地、グラウンドトリックへのアタック希望。
乗る前は私のdemo8をK氏に譲り、私がscreamに乗ったろか?とも
思ってたんだけどね。
ま、demo8は結構万能だから乗り続けるさ。(しかし重いンだよねえ、この板)

しかしながら、半日滑ると脚が終わってしまうのだよ。
あ~体力なし。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-27 22:32 | スキー
RC166
見た見た?NHKのhiビジョンでRC166をばらしていく番組。
どきどきしちゃいました。
ピストンのえぐいバルブの逃がし。
美しいコンロッド。
あのピストンのリングの下にあいている小さい穴はオイルが通るのかな?
いんや~すごかった。
久々に面白いTV見た。
でも、あんまりどきどきしてみたからか番組のあとなんか疲れたぞ。
ふー。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-21 23:12 | bike
KSR サンドブラスト ホイール塗装
さああて、去年の続きがようやくできました。
KSRのホイール塗装。
b0053472_22481391.jpg











本日の作業内容
ホイール→1回塗りは終わってたんで、再度塗りとウレタンクリアがけ。
ハブ→サンドブラスト&塗り
その他小物ブラスト&塗り

ホイールはsoft99ホイールカラーのキャンディスモークって
やつなんだけど、なんかさっぱりキャンディカラーにならない。
画像よりは黒くないんだけどねえ。
たぶんグレーのプラサフだったから。
シルバーの下塗りをすればきっともっと発色が良かったに違いない。
ハブは違う色で塗っちゃた。
ちょっと変な感じもするけど、まあ組みあがってのお楽しみ。
ホイールもこの色の方がよかったかも。
画像はまだクリアかけてないけれども、クリアを吹いたら結構
つやっぽくなりました。

b0053472_22483041.jpg











b0053472_2249829.jpg











ガレージとサンドブラスト。
ガレージはヨド物置のクルマ一台分のガレージ。
中の壁際を鉄角パイプで2段にしたアイデアもの。
下はアンカー打ちで、パイプの接合は溶接。
この前の震度5弱の地震でも大丈夫だったよ。
溶接?私?私がやると、きったないビートになっちゃうので、
遠慮しときました。

サンドブラストは消火器を改造して直圧式。
ガンタイプの重力式も試したけれど、今ひとつだった。
メディアはアルミナ#80。
ウエットブラストもどきのときに使った珪砂はやっぱり
切れない(削れない)のでアルミナ。

次回はエンジンとフレームとスイングアームだ。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-20 22:51 | KSRII
原点
原点  ゴリラ
b0053472_1344099.jpg









ヲイヲイ ハダシカヨ~ イジダジュンイチカ? オマエハ?
ま、寮の前なのでオユルシを。
* * * * *

目に留まったのは小学校4年生くらいか?
信号待ちをしていた黄色いやつだった。
16になり原付免許をとり、ヘルメットを用意し、じっと準備すること一年。
17歳で手に入れた。

乗った乗った。楽しくて楽しくて。
原付だと遠出といっても日帰り片道100kmくらいなもんだけど、
あちこちでかけた。
家は商売をやっていてあまりまとまった休みというものがなく、
どこか遠出というと片道80kmくらいの父の実家に帰省するくらい
だったので、私の感覚としてはかなり新鮮。
気に入ったお散歩コースもできて、すごく良く晴れた日は学校サボって
出かけちゃったこともある。

その内のひとつのコースが私にとってのthunder road。
細い道でくねくね曲がりつつアップダウンが激しいコース。
ブラインドから車が来ることを想定すると許容されるラインは極端に狭く、
パワーのない原付を失速させずに駆け抜けるラインを追っかけた。
何とはなしにthunder roadだな、、と思った。

家の庭でアクセルターンやブレーキターン、カウンター、ウイリー、ギャップ
を利用してのジャンプと小技にも凝った。

ノーマルのゴリラだっていうのに峠にも出没した。
もちろん上りはお話にならない。30km/hくらいになっちゃうから。
ぐるっと遠回りすると峠の上に出られる道があり、そのループコースで
上からアタック。
無知とはこわいもので、ちょっとしたギャップでリアタイヤがポーンと20cm
位跳ね飛ばされてもさして怖いとも思わず走っていた。蛮勇。
タイヤだってブロックパターン。
tractor gripって書いてあるんだよね、タイヤ。トラクター??謎。

高校終わって盛岡の専門学校へ進学すると広大なステージが私を迎えてくれた。
峠もすぐにあちこちあったし、また、遠出をするのにもいったん市街をでてしまえば
信号も少なくアベレージは上がる。盛岡では片道150km位の遠出が出来た。
盛岡-十和田湖くらい。
なぜだか林道も走っちゃったり、モトクロスコースにも乗り入れちゃったりした。
思い出の遠出は、盛岡から実家の茨城県は土浦までの500km弱。
実習で2ヶ月間土浦にいなくてはならなかったので、土浦での足となるよう
ゴリラで行ってみた。
夜中に出て、また夜中にパンクし、パッチは持っていったものの、空気入れを
忘れて立ち往生したり、国道脇の草むらで昼寝をしてみたり。頭の脇には、
帰ってから使うでかいベルのついたふつーの目覚まし時計。かなり妙な光景。
リアには頭まである山となった荷物をくくりつけフルスロットル。
とにかくR4→R6と走ればつくはずなのだからとえんえん走った11時間だか
12時間。
帰りは2ヵ月後で、たしか10月半ばくらいだったか。
すっかり岩手の気候を忘れてしまった私はえらく寒い思いをして帰ったっけ。

ゴリラは結局5年間くらい私のメインバイクでありつづけた。
いろんなことにトライでき、いろんな風に楽しめたバイク。
いまさらながらに振り返るとこのゴリラが最初のバイクでなかったら多分
私はバイクに乗り続けていなかったのではないかと思う。

ゴリラは今オーバーホールというかレストア待ちのばらばら状態。
今年はゴリラ20周年なのだ。
絶対復活させるぞ。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-20 01:37 | bike
バイク乗りであること
sadanさんのときどきねにTBです。


バイクは目的であり手段である。

今はクルマにも乗るようになって目的の部分が多くなったけどね。
sadanさんのときどきねを読んで、私にとってバイクってなんだろな?と
改めて思ってみました。

なんで、バイクが好きなんだろうね?

子供のころ自転車で遠出をしたことを覚えていますか?
今から思えば他愛のない距離だったけど、小学生の私にとってワクワク
の胸躍る体験だったことを覚えています。

バイクに乗りはじめたとき、行動範囲が一気に広がって「見知る」楽しさで、
50ccのバイクであちこち遠出しました。
また、純粋にバイクに乗る、操作するということの楽しさで、暇さえあれば
いくつかのお気に入りのコースを走りまくりました。
自分自身に責任を持つということを覚えたのもこのころだと思います。

私がバイクで好きなところは、驕ってもダメ、怖がってってもダメというところかな。
自分の力に真摯に向き合える、そんなところが好きなんだと思います。
操作をフィードバック&フィードフォワードする。
ただそれのみに集中する。

長距離だってクルマで行くのとバイクで行くのじゃぜんぜん違いますよね。
何時間か雨に打たれて、しおしおになって高速道路のパーキングで座り込む。
強風に吹かれて下半身でバイクを押さえ込みつつ腕を絞る。
寒さに震えてエンジンで手を温める。
けっして、快楽とはいえない場面場面。
しかし、それは鮮やかに切り取られる場面。
マゾなのか?→私

バイクに乗って走るといろいろな匂いって感じませんか?
花の匂い、土の匂い、熱いアスファルトの匂い、秋の煙の匂い。寒い空気の匂い。
何度目かのその匂いは、また何度目かのその匂いとリンクする。

取りとめもなくなりましたが、バイク乗りであり続けられたことに感謝。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-17 00:53 | bike
ヘルメット  スキー 
どいっちサンのスノーボードとヘルメットにTBです。
b0053472_1121499.jpg












買っちゃった。
やっぱり、子供用自転車メットはどうも発泡スチロールの
厚みがあって頭がでっかくなってかっこ悪い。
どいっちサンのかっこいいヘルメットにに触発されたけど、
またしても私は名もなきメーカーのメットにしてしまったよ。
ゴーグルだってもう数年使ってる国産のスワンズだあい。
どいっちサンのゴーグルは、きっと分かる人には分かる
かっこいいやつなのだ。

このゴーグルは子供用。
ちびな私にはサイズがぴったり。
ゴーグルはダブルレンズがいいですね。
バイクのゴーグルはシングルレンズしか見たことないけど、曇らないですかね?

このメットは竜ヶ崎スノーボードパーク カムイの隣に出来た
スポーツショップで選びました。
ザウスがなくなった今、めずらしい屋内スノーパークで、最初はスノーボードオンリー
だったように思うが、今はスキーもOKらしい。ただし、飛び系。
(スキーで行かれる人は確認してくださいね)
職場と近いので気にはなっているけれども、バーンが硬いらしく、びびりん坊の
私はちょっと遠慮してマス。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-16 01:12 | スキー
高畑スキー場 その3
b0053472_2046632.jpg










今年3度目の高畑スキー場 
滑走日数7日
なぜしつこく高畑を紹介するかというと、無くなってしまうかも?!
だからなのです。
田島町・舘岩村・伊南村・南郷村の4町村合併に伴って整理
されそうだというのです。
この4町村それぞれがスキー場をもっており、それぞれが採算
よろしくないらしい。
その中でも一番まずいのが高畑だと。
でも、高畑が出来るにあたってオープンしたであろう民宿だって
どうなるの?とか思ったら、そう簡単になくなるのかな?
でも、高畑は村営だしなあ。
舘岩のたかつえは村営じゃないから残るとしても、田島の台鞍、
南郷の南郷スキー場って資本はどこなんだろう?
私が、もんもんとしても仕方がない。
とにかく高畑に行くだけだ。
ほんとにこんないいスキー場、なかなかないよ!
b0053472_20462785.jpg←山頂から。真ん中やや左に見える
のが隣村のたかつえスキー場









と、最近伸び悩みだったんだけど、この3日でワンステップ!
スキーの真上に乗れるようになったと思ってはいたけれど、
まだまだだったのだ。
乗れてると思ったところから、さらに足首をぐぐっと後ろに引くと
いいんだなあ。ふむむ。
それとあいまってか、コブの滑り方が分かった!
b0053472_20464461.jpg










ここのスキー場、結構モーグルも盛んで、モーグルの人たちは
一本のコブラインを作って黙々と練習しているのだが、
そのちょっと縦にえぐれたようなコブがどうしても滑ることが
出来なかった。
もっとも、私のライン(そのコブラインの中のライン)はモーグラー
にとってはおそらく初心者ラインなんだと思うけど、ともかく
滑れた!
じ~ん。ようやくモーグルのドアを開けられた!って気分。
うれしい。

コブラインを撮ってくればよかったと思ったが、これはオフピステ。
オフピステといっても、コース外滑走禁止!のトコじゃないですよ。
念のため。
今日のオフピステは新雪が30cm位のコンディション。
きっちりグルーミングしてあるバーンもいいけど、オフピステもいい。
グルーミングしてあるバーンがオンロードなら、オフピステは
オフロード。

スキーはホントに楽しいね!

追記:
いま四町村合併協議会のHPを見ていたら
1、4町村が設置しているスキー場・観光施設等については、現行のとおり
新町に引き継ぐものとする。
2、施設の管理運営については、地方自治法に基づく指定管理者制度により、
第三セクター等に委託するものとし、受託する第三セクター等は、経営改善
と合理化に努めるものとする

とあった。ということは大丈夫?
しかし、経営改善というところが気になる。入場者増→ボーダー受け入れという
短絡的なことにならなければいいけど。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-13 21:32 | スキー
梅  夜梅
b0053472_22191868.jpg


























お向かいさんの梅の木。夜の梅は妖艶だ。
ことしはさ、もう梅が咲いたよ。
こんなに早かったっけ?
でもね、一月に暖かい日があったせいか一月の中ごろから、ちらちらとは
咲き始めてたんだよね。
だからかもしれないけど、なんだか今年の梅は香らないような。。

ところ変わればなので、もうとっくに咲いてるよ~っていう土地もあるとは思うけど。
そうそう、盛岡あたりだとなんと梅も桜も桃もほとんどいっぺんに咲いてしまうのは
(*゚ o゚) だったな。

球根類でも気の早いのは芽を出し始めてるし、もう春はそこまできているのだね。
お~とっとぉ、まだまだ滑り足りないよ~!
まてまて、春。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-08 22:20 | 園芸
エドワーズレプ CS250 まだ名なしの赤ん坊
今日は代休で、友達が第2子を生んだので、赤ん坊を見に行った。
お祝いを買ってからと思ったので、あちこちできるバイクで出かけた。
暖かかったしね。
出産祝いって言うと赤ちゃん物が多いよね。
だけど、生んだオカーサン がんばったね!とオカーサン物を探しに出かけた。
生まれて6日目の赤ん坊には、まだ名前がなく、友達は鈴香、鈴華という名前が
第一候補だったらしいが、ダンナに
「ぜ~ったい、サーキットってあだ名になるからだめぇ~!」
といわれたそうな。そうかな~・・けっこう笑った。
b0053472_1341442.jpg












と、CSとエドレプ。う~ん、なんか今ひとつという気もしないでもないね。
やっぱ、シンプルなバイクにはシンプルなグラッフィックかなあ。
でもサ、なんかCSにはドゥーハンのほうが良かったような気もするが、
バイクもメットもそのまんまタイムスリップ的な感じでどうだろ?だったからなあ。
まあ、それをいっちゃ~ブロス&ドゥーハンだってそうか。

しかしながらドリブンスプロケを42T→40Tにして、気持ちいい加速が出来る
回転域が7000以上から9000以上となった。
120キロ位でも結構余裕があるから3月のCS明石オフにいく高速道路移動は
案外いいかもしれないな。
しかし、CSは小気味イイバイクだ。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-08 01:34 | CS250
GDA-D
ちょうど一年過ぎたところ
インプレッサWRX 2003V limited
b0053472_13846100.jpg














not STIなのは、いろいろと訳があるんだけど、その中のひとつはホイールサイズ。
STI だとでかいブレンボのキャリパーでインチダウンできない。
冬はスキー仕様車になるので、225/45-17なんていうサイズのスタッドレスなんて
ちょっと、庶民的価格ではないよ。
not STI だって、もとのサイズは215/45-17だけど、キャリパーサイズのおかげ?で
16インチが履けるので、スタッドレスは205/55-16。
まあこれだって十分高いけど。
夏タイヤだってこのサイズじゃ結構するよね。17インチなんてでかすぎだよ。
こんなこと気にするならこんなクルマのるなって言われそうだけど。
でもいっぺん乗ってみたかったんだよねえ。ハイパワーターボ車。

確かにね、どこをどう走っても速い。リニアな操作感は気持ちいい。
でもサ、これはクルマがイイからなんだよね。

オルティア(はかなくも消えたホンダのステーションワゴンですね)からの乗り換えのとき
●走るのが楽しいクルマ ●雪道が安心なクルマ ●かっこいいクルマ がテーマだった。

オルティアの前はインテグラ。マイケルJフォックスの「カッコインテグラ」。
量産車で初の100馬力/Lの初代VTEC B16Aが載ってたやつ。
これはFFで5MT。
今となっては、アホみたいなスキーブームの頃、関越自動車道のさっぱり動かない
スキー渋滞がつらかった、また、関越沼田からスキー場までの渋滞の峠越えで
坂の途中で止まっちゃたりすると発進するのにかなり神経をつかった。
ということもあって、この時のテーマは●渋滞でもらくちんなオートマ ●坂道発進が楽な
4WD ●10km/L以上走ること だった。

まあ、オルティアにしろインテグラにしろいい点悪い点があるんだけど、オルティアで思った
ことは、タイヤ代が安く上がるのはタイヘンに助かった。
インテグラの時はBSのGグリ、Vグリ、オルティアはミシュラン グリーンタイヤシリーズ
のMXEとかを履いていたんだけど、これがほぼ半分の値段。
タイヤが違うし、オルティアの時代はデフレ期で物が安くなったということもあるだろうけどサ。

で、インプレッサに乗って思ったこと。
たしかに、かっこいいし、速いし、雪道の走行性能はこの上なくいい。でも、、
●私にはターボ車は性に合わない。●クルマは維持費が安いほうがいい。

次はフィットの4WDかな。
[PR]
by 92xldegree | 2005-02-06 01:38