thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:BROS product1(ドナドナ)( 10 )
ちょい未練? BROS product1
b0053472_023257.jpg

















ブロスとの残り少ない日々を惜しんで、今日はブロスで通勤した。
(あ、日付変わっちゃったから昨日か)
誰かのモトへ行くであろうはなむけに、思いっきりぶん回す。
このバイクの4千半ばから7千回転はVツイン独特のマルチとは違った加速感だ。
まこと気持ちがいい。
そして、とても16年前のバイクとは思えない元気さ。

せつないなあ。

'99 12月から乗り始めて、約6年4ヶ月。
最初のツーは、買ってすぐ箱根だったな。
乗り方わかんなくって疲れたっけ。

しばらくはブロスで通勤しよう。
今更ながら名残惜しい。
[PR]
by 92xldegree | 2006-04-29 00:24 | BROS product1(ドナドナ)
それは、神だった →足柄SAオフ←
いや~もう面白くって楽しくって顔がいささか筋肉痛。

さて、11時ごろに出発し、その1時間後くらいにはなぜかソロツーに
なっていたすり抜けべたな私なのだけど、その後何の間違いか
中央道に入ってしまって本当にソロになる。
ここらへんになると、もう開き直って
「そうだよなあ~中央道をバイクで走るのは初めてだなあ~」
なんて思いながら、でろろろろんと走らせる。
するっていうと、ふとツーリングマップルを忘れたことに気づいた。
「う、御殿場着いたらどうしよう・・はっ、そもそも中央道だとどこで
降りたらいいんだい?」
っていうか中央道寒いよ。大月からのなんとか有料道路なんか
富士山が見えて「うおっ!」なんだけど、いや寒いこと寒いこと。

といっている間に有料道路が終わった。御殿場までもう少しらしい。
一緒に出たはずのK氏に連絡を入れると
「オレ、もうホテルの職員駐車場ついた。でね、ええとね、なんの
目印もなくって分かりづらいんだよ。・・・・・。」
K氏の・・・・・。は絶望を表出していた。
だって自慢じゃないけど、私は相当に方向感覚が悪いのだから。

まあ、奇跡的になんといっぺんでたどり着いてしまうわけで、
「アタシ、サエテル!」とか自分的に感動してしまうわけだけども、
なんか一年分の運を使ってしまったような気がしたよ。(運?なのか?)

ああ、前置き長いよ。

そうそう、結構早くついてしまってSAの駐車場の前でお迎えをしようと
しばらく待ってたら冷えた体が限界になった。ホテルにチェックインして
風呂に入っちゃえ♪とタオルをぶんぶん振り回しながらフロントの横を
通ると、単二さんmaniさんを発見♪ヲヲ、久しぶり♪
と、ふとその斜め後ろを見ると、(あ、はっしぃさん。)
「太陽の目を持つ男」がそこに立っていたのだ。
初対面なんだけど、一目で分かっちゃった。

そうこうしているうちに、あきさん、ナカムラさんもそろい夜組みをまちつつ
宴会が始まるわけだが、
さて、すごいのが今回初参加のはっしぃさんナカムラさんとハヤブサあややだ。

はっしぃさんは神だった。太陽神はっしぃ。
はっしぃさんのその日ごろの所作にみんなは感嘆し、しばし解脱の境地へ。
ありがたい、ありがたい御話しだったのだ。

ナカムラさん、聞けばまだ免許を取って一年もたたないらしい。
GPZ250Rとスカラベオ(←これは単二さんから感染したらしい)。で、さらに
「もう一台来るんです」  え?な・・なにが・・・?
「CBX250Sなんですけど」 え~~~!
もうここら辺になってくると、単二さんが言う「レアと不人気、驚喜と狂気」
なのである。
もう、お仲間が増えてうれしくって。
スキなのが、たまたまレアだったり不人気だったりっていう、悲しくもおかしい
仲間が増えた増えた♪(あ、ちがいます?笑)

ハヤブサあややの恐ろしさは帰りに真髄を見る。
って、私は遥か後方にいたので見られなかったんだけど。笑
ハヤブサあややは私と同じ職場なのだが、まだ一度も一緒に
走ったことがなかったのだ。

宴会は単二さん持参のDVDを見ながらもりあがりつつ・・・

と、夜組 ちょ~さん到着。ちょ~さんはやっぱり来るなり炸裂~。笑
しばらくして怪さん到着。ザケンナ~疲れの色が濃いぞ。

そこからSAの駐車場にでて、盆栽だ。
b0053472_22523028.jpg














イヤァァァァァン♪

b0053472_22573847.jpgそして鳩サブレ号ですよ♪
ちょ~さん愛でりまくり。








しっかし、怪さんのZ1000はエロかった。あ、画像がないや。
スパイダーマンもしっかりしがみついてたよ。取れないもんだね。笑
Z1000のエンブレム、どんなふうにくっついてるか剥がしてみよう(ムハ♪)
と思ってカリコリしてたら
「穴あけてくっついてるから、とれないからねっ。ふふ~んっ」
ちっ、見つかったか。笑

次の日は富士宮の焼きソバだ。
朝5時ごろ、ちょ~さんはカサコソ発ったらしい。
ちょ~さん、お疲れ様!8時の朝礼間に合った?

遅起き組?とぼへっと麦とろご飯などを食べ、その後解散。

b0053472_2317499.jpgで、富士山ですよ。
焼きソバチームですよ。
おお~富士山はやっぱり
でっかく、神々しい。






その後雪の残る道をびびりながら走り、
(そんななかでも、はっしぃさんはよく走ってた)

b0053472_23192331.jpg焼きソバですよ。
たしかに、うどんっぽい麺だった。
甘みのあるコクがおいしかったよ。







で、帰りは、東名 富士から乗って一路家路へ。
b0053472_2321551.jpg
で、ハヤブサですよ。








まあ、私は遥か後方にいたんだけど、K氏が
「すごいね、(アクセルを)開けられる人だね」
ハヤブサあややはすり抜けも上手だった。
ハヤブサあややは「へたれですよ」と謙遜するが、
’隼に乗る’だけでそりゃもう十分すごい。


b0053472_23295515.jpgイマドキですよ。
ネコですよ。












太陽神はっしぃさんとともにいたので、前日の予報の降水確率50%も
どこへやら。ホントに激烈に晴れ男だ。なんせ、神だからね。


5時前には無事帰着。

皆さんお疲れ様でした。楽しかった~!
またまた!


追記
●ま、あいかわらず単二さんのハンドルネームの由来は謎なんだけどね。
●ハヤブサあややに指令、ブログつくって♪
[PR]
by 92xldegree | 2006-03-26 23:37 | BROS product1(ドナドナ)
→→そうだ、足柄SAのホテルで呑もう←←
とりあえずオフ会のお知らせです

幻?になってしまった宴会オフだったけれども、さあてさあて!

3月25日(土曜日)足柄SA(上り) ハイウエイホテル レストイン足柄

5名まで利用できる和室が16800円なので、5名で割れば1名3360円

参加人数によってはもう一部屋かな?

現地集合→お泊り→現地解散

麺食いの私としては、富士宮のやきそば食べたいな・・。

参加表明お待ちしています。

b0053472_05396.jpg前回北茨オフ

それにしても、単二さんと私の身長差って・・・・。
[PR]
by 92xldegree | 2006-03-01 00:07 | BROS product1(ドナドナ)
塩原は雪ですわよ     BROS product1
ええ~と、このところ自転車ばっかりでバイクシーズンを逃してしまいそうに
なってきたので、ここらへんでバイクで走るぞよ。
冬晴れのあおい空、着膨れして走るぞよ。

めざすは、八方ヶ原&塩那山岳道(ゲートまでの往復)。
久々のBROS product1。

八方上がっていくと、なにやら落ち葉の千切れカスみたいなのが、
ぼしぼし降ってくる。
ん~?
も少し上がると、葉の落ちた木立の隙間からキラキラキラ☆
ちが~う、落ち葉の千切れカスではないよ。雪だよ。あら~。
b0053472_16364969.jpgb0053472_1637355.jpg









路肩にも雪が・・                 向こうの山の上は白く雪がかぶってる

およよ~ん。
なんせ着るのは着てるからぜんぜん寒くないんだけど、路面も湿っていて
いや~な感じ。

塩那の山の上にも薄黒い雲がかかっているので、塩那はパスして、
スープ入り焼きそば食べて帰りましょっと。

スープ入り焼きそばは、北関東地区の人ならば、塩原の温泉街を通ると看板が目に付く
から知っているかな?
「こばや食堂」と「釜彦」と2店あって、いつも「こばや食堂」の方ばっかりだったから、
今日こそは「釜彦」へ。
b0053472_16473293.jpgb0053472_16474552.jpg













もう、その名の通り、スープに入ってる焼きそばなのだ。
ただし、この釜彦のスープ入り焼きそばは、麺はラーメンの麺っぽい。
こばや食堂のほうが、焼きそばっぽい麺なような。
いずれも鶏がらベースのしょうゆラーメンスープの中に、甘酢っぱ目のソースを
使った焼きそばが入ってる。
見た目は両店同じだけど、こばやのほうが「焼きそば」っぽく、釜彦のほうは
けっこう「ラーメンっぽい」風味だ。
どっちがいいかは、難しいところ。

山を降りてしばらくすると、また冬晴れの空。
着膨れてたんで、肩こっちゃったよ。
[PR]
by 92xldegree | 2005-11-20 16:59 | BROS product1(ドナドナ)
あちいな~あちいよ
出勤の土曜日

予報でも暑い日になるということで、朝起きたら日差しが が~んときた。
いつもはメッシュジャケットを着て通勤快足CS号なのだが、
土曜日なんで、気分を変えてブロス号。
ええ~い、いっそジャケットなし。めったにやらないんだけどね。

って、そしたらね、ある程度スピードを出すと、Tシャツめくれちゃってはたはたしてる。
いや~ん。
だれも私の腹なぞ見たくないだろうに。
みよっ!私の腹!
というのも申し訳ないので、びみょ~にTシャツのすそ上10cm位のところを
Gパンにちょっとだけ挟み込む。
いっそ、しっかりGパンに入れてしまおうかと思ったが、以前若い同僚が、
「○さん(ワタシじゃない)、パンツにTシャツのすそ入れてるのってどうよ?くすくすくす」
ってことだったので、小心者で無知な私は、
あ~Tシャツのすそはやっぱりイレテハイケナイノダ。と確認する。

まったくいつからそんなことになったのだ?
知ってます。ずっと前からです。
でも、ワタシがキミ(同僚)くらいの時はOKでしたヨ。
逆にTシャツを出しているのは、お腹が出てるオバサンくらいなモノだったんだから。
と、割りにお腹が冷えるのがキライな私は言ってみる。

きっともう何年かしたらまた、みんなTシャツでもズボンに何でも入れる
時代が来るだろうか。

しかしながら、ガソリンが高いことも手伝ってかバイク通勤が続いている。
出るとき雨なら車にするが、案外朝は晴れているもんだ。
たまに車で通勤すると、のろのろと動き出す車の列にうんざりする。
良いことなのかどうかは分からない。
でも、家計が楽になったことは確かだ。
ああ、ビンボー。
[PR]
by 92xldegree | 2005-08-07 00:26 | BROS product1(ドナドナ)
→→チウネンゲキソウダン←← 
さて、うす曇~晴れ!と直前までの雨天予想とは一変しての走り日和。
参加者+西の皆さんの念力だあね!
きっと皆さんの普段からの善行が晴れの天気を呼んだのだね。
普段これだけの善行をしている皆さんは、ひとつやふたつのアクジ
多分神様も許してくれるだろう。

ふへへ・・それにしても、すごかったんです。
そのペースの速いこと速いこと!

メンバーは単ニさん(TDM850奥さんとタンデム)
あきさん(ZR7-S)
R怪さん(FX400じゃないR改)
ngkさん(FX400R改)
K氏(1100カタナ)
私(なんて普通なBROS product1)


私たちは初対面であったハズだ。
タンデムのバイクもいたハズだ。
なにより、私とK氏以外はここを走ったことがないハズだ。

b0053472_1841860.jpgb0053472_027481.jpg












でもね、チウネンゲキゾウダンはちょっとところどころ遅れ気味なしんがりの
私を含めまさに一団となって走ること走ること~!

R怪さん「いや~メーターケーブル切れちゃって遅いものやら速いものやら分からんかった」
ngkさん「く~外見は同じFXなのにぃぃ~8000マデが遅れる~!く~!」
単ニさん「ステップ擦ってた?え?そんなにね~倒してないでしょ~」
奥さん「えっとね、曲がる方向の内側に顔を出すとね、大丈夫♪」
あきさん「いや~もうみんな速いんだも~ん。タンデムが前ってある意味プレッシャー・・」
K氏「なんかみんな速いからもっと速く走れってことかと・・」

と突っ込みどころ満載な発言で、もう私クラクラ。笑
そんでも、みんな余裕シャクシャクな走り。

まあ、それでも何とか私がついていけるペースをつくってくれたのは
K氏の配慮なのだろう。ありがと3。

*******
いんや~楽しかったです。ホントに。
気温も暑かったが、みんなの走りも熱かった。
(っていうか私以外はみんなズズシイ顔して走ってたんだけどね~)
あ、その後みんなでラムチョップをはぐはぐしてウマかった。

皆さんお疲れ様~!
遠征組みのあきさんと単ニさんも無事ついたかな~。

今度は泊まりで宴会だあ~!
[PR]
by 92xldegree | 2005-06-12 19:10 | BROS product1(ドナドナ)
→→そうだ、北茨城行こう!明日行こう!←←
わ~い!なんだか信じられないことに明日の予報は曇り時々晴れと
なっています。

すごいね、みんなの祈りパワー!

天気図はびみょ~といえばびみょ~ですが、神奈川も日中は10%だし、
宇都宮も10%~20%、茨城も10%だって!

集合:常磐道 友部SA 9:00
ルート:友部SA→一般道で笠間入り→ビーフライン→R349→R461→県北東部広域農道
     折り返してR349里美村「こぐま」でラムチョップをはぐはぐ。後解散(私は笠間まで
     同ルートで帰りますので同ルートでいい人はご一緒に)
     

追加:R怪さんはビーフライン入り口の寺崎あたりで待ち合わせ

当日連絡用のアド&ナンバーをお知らせしますので、まだの方は
こちらにメールください。

参加予定の方からメールもらったんでアドレス削除しました。

参加予定
単ニさん、あきさん、ngkさん、R怪さん、K氏(刀)、私です。
皆さん明日よろしく~!
[PR]
by 92xldegree | 2005-06-11 18:56 | BROS product1(ドナドナ)
→→そうだ、北茨城行こう!開催連絡←←
今週末になりました 12(日)走るよ~北茨城、食べるよ~ラムチョップ!
b0053472_22111312.jpg










さて、なんだか週間予報では雨っぽい。
でも、どんどん雨の予報はずれ込んでいるのでどうでしょうね。

前日17時のyahoo!の茨城北部の天気予報で40%以上の降水確率で
延期としたいと思います。

集合:常磐道 友部SA 9:00
ルート:友部SA→一般道で笠間入り→ビーフライン→R349→R461→県北東部広域農道
     折り返してR349里美村「こぐま」でラムチョップをはぐはぐ。後解散(私は笠間まで
     同ルートで帰りますので同ルートでいい人はご一緒に)
     


参加表明はコメント欄で。当日飛び入り参加もどうぞ~!
もちろんタンデムもOK!(ねっ!ゆきさん)

決行の際には、当日の連絡先(私の携帯アド&ナンバー)をお知らせします。
この記事のコメント欄にメアドを載せますので、メールくださいね。

それでは てるてるボーズを作って晴れるように神様にお祈りしておきます。
延期の場合は次週かな・・?
[PR]
by 92xldegree | 2005-06-07 22:05 | BROS product1(ドナドナ)
ブロスの650
さて、免許の話が出たところでブロスの話。
たびたびの引越しでほとんどバイク雑誌は捨ててしまったのだが、
残っていたのに偶然ブロスが。
イギリスバーミンガムショーに出品された
NTV650@オートバイ11月臨時増刊号,1987
NTVとはシートカウルがチョット違ったりするんだね。
たしかタンク容量もNTVの方が大きかったはず。
追記:NTVはフレームが鉄でシャフトドライブだったん
だってサ。by別冊MOTORCYCLIST

b0053472_1856289.jpg
b0053472_18494919.jpg























↑前のブロスの
記事の時よりも
ハンドルを
ロータイプに変更













私のブロスは'90後期型で前期型との違いは大まかに2点。

1、PGMイグニションシステムの採用
2、ホイールは新デザインの中空3本スポークホイールとなり軽量化 
後輪18インチとなり、ラジアルタイヤが標準となる
 
詳しくはホンダのプレスインフォメーション
前期型はこちら

1はわっかんないなあ。前期型乗ったことないんで分からない。

2は前期型がF110/80-17 R150/70-17 
   後期型がF120/70R17 R150/60R18
この18インチっていうのがクセもので同サイズがあるのは
ブリジストンのBT92かダンロップのGPR-70SPしかない。
私はあきらめてもっぱらBT92だけど、ブロス乗りの皆さんどうしてます?


私のブロス号はそもそもタマカズの少ない後期型で
受注生産のカラー(前期型の赤よっか明るい赤メタ)と
あいまって、同じブロス号にあったことない。

同じ号の広告にFXがあるよ~ちょ~さん
b0053472_18505841.jpg


しかし、カラーはエグゼクティブ!
って意味不明だなあ。。
[PR]
by 92xldegree | 2005-01-17 19:04 | BROS product1(ドナドナ)
BROS product1
暇に任せて絶版車祭り♪

b0053472_2154130.jpg

●BROS product1はレーサーレプリカ時代の'88に発売されたバイクである。
●私のBROS はマイナーチェンジ後のPGMイグニションシステムやら
新デザインの中空3本スポークホイールやらがちょっと変わった'90モデルだ。
●ちなみに前期モデルは前後とも17インチで後期モデルは前17インチ後18インチである。
この18インチってタイヤの選択肢が非常に狭い。困る。

●'68生まれの私はこのバイクが発売されたときはちょうど20歳である。
学生だった。中型免許(今は普通っていうんだよね)をとったのは21のときなので原付免許
である。そのときは狭角Vツインなんというしぶーい、ツウ?なエンジンには今ひとつ興味が
なかった。もっと言うならお金もなかった。もう少し言うならたぶん足がつかないので乗れな
いだろうと思ってた。つまりさっぱり縁がなかったのである。'87の暮れに雑誌に載ったブロスをみて「ふ~ん」くらいなものだった。
だいたい650って限定解除じゃない。その当時は。
泣く子も黙るといわれた限定解除。当時の人は偉かった。
●謙虚な私は当時XLR80RやらCRM80やらに目が向いていた。
CRM80もカタログからすると820mmと悪魔のようなシート高だ。
当時行っていたバイクやさんで展示していたXLR80R。それを行く度に食い入るような
目で見ていた私を、バイクやの若旦那、
「ねえ、CRM80つーのもあるんだけどどう?よかったらヨメの乗ってみる?」
カタログシート高ヲタクだった私は、
「ええ?あれって完璧足つかないですよぉ」
「ううーん、そうかな?そうかな・・」
私の股下をじっと眺める。ちょっと目が泳いだ。
「ま、またがってみるだけまたがってみなよー」
●驚いた。なんというパワーだ、パンチだ。
それもそのはず、私の愛機は3.1馬力のゴリラだったのだ。しかも17のときからゴリラしか
知らない貞淑な女なのである。そりゃーびっくりした。
バイクやから伸びる砂利ダートを突っ走る。うきゃきゃきゃきゃ~。
完璧、猿の脳みそになっていた。
●世間知らずで貞淑な私は
「舗装してない道っていうのもあるんだなあ・・走りずらいこと!」
と盛岡周辺の今思えば「林道」をゴリラで走っていたのである。
今は舗装化が進んでいると聞く御大堂林道などはいくら走っても舗装路にならないので
びっくりしたものだ。
●ごとごとする道でバイクを走らせるのが面白かった。
バイクの動きに合わせて、また先取りして身体を動かしていくのが楽しかったのである。
ゴリラのサスなんてただのばねだ。人間サスペンション大活躍である。
●CRM80はちゃんとサスペンションが仕事をするバイクだった。
そりゃーびっくりする。大人のイロケの香りがした。
●そんな中、先輩が
「実習に出るからその間、お前乗らないか?」
とRZ350を私に預けようとする。実習ってなんだかんだ6ヶ月もあるのだ。
いったい何を思って先輩は、よりによって私に預けようと思ったのか今だに謎である。
好きだったとか、そんな色気のある話ではない。先輩にはちゃんと素敵な彼女がいた。
私は146cm 公表身長147cmのちびなのだ。
またいだとたんコカしそうな私に「乗らないか?」もないと思うのだが、
結果的には私はRZ350の恐ろしさを堪能する。
6500回転位からの狂気の加速に別世界を見た。
景色の流れ方に目がついていかなかった。
私は時々猿になるようだが、一応霊長類なので目からウロコが落ちるようなことは
ない。(だいたい魚だって、目にうろこはついちゃいないだろー)
しかし、たしかにそのときから違う物の見え方になってきた。
●そして、カタログシート高ヲタクから脱皮した。いや、霊長類なので成長した。
●あとは車の免許を取るついでのようなふりをして
「あ~うん、なんだ。その、ついでにね、バイクの免許も・・ごにょごにょごにょ・・」
と親を煙に巻いたらこっちのもんだ。
●中型免許は案外何の苦労もせずにとれた。VFR400Kはとても乗りやすく楽しい
バイクだった。もちろんアシは尻をずらしても片足の親指の先しか着かなかったけど、
不思議と一度もコカすことはなかった。
400シーシーなどというオオキイバイクに乗るのはきっとこれが最後だと思い、
思いっきり走った。
S字やクランクの走り込みで、教官が「よしっついてこい!」というので、ついていったら
「突っ突いてくるな!もっと離れろ!」としかられる位思いっきり走った。
●そのあと、何台かバイクを乗る&つぶすのだが、ブロスに乗り出すのは大型免許を取った'99である。

さっぱり表題と違う内容になってしまった。

つづく。
[PR]
by 92xldegree | 2004-11-03 01:36 | BROS product1(ドナドナ)