thunder road <バイク!バイク!バイク!
thunderka.exblog.jp

走れ!走れ!  しかしながら地元筑波山は二輪車通行禁止ばっかりだ。どうにかならないものか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のリンク
sadanblog
オートバイ少女
旅もカブ(Cub)だろ!
バイク乗りのボヤキ
Real K
今年は何処へ・・・
  怪っちのとこ
迂回亭新館
 単二さんのとこ
すからベニッキ
 アプリリアのスクーター
 スカラベオ君のブログだよ
ばいく!?
 XR250とFZ6Sのはっしぃさん
バイク旅日記 改
 ダム人charmyさん 
リターンライダー
 XR400のmr-slotさん
ダニーちゃんの独り言
 XR250乗りのダニーちゃん
ロメオのシッポ
新装開店Nackeyさん

導火線

zantetsu sword
らいさんとこ


?wheels life
ZR7SとTY‐S125Fのあきさん



















最新のトラックバック
禁欲、じゃなくて金翼。
from ■すからべニッキ
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばあ2号納車祝賀事業
from 迂回亭新館
つくばさん周辺林道めぐり
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
林道への道(修行編)
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
筑波の林道へ
from ?wheels life
XR250またもや、抜け..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
TDR125で林道デビュ..
from Faulty Printing
それなのに全員集合。
from 迂回亭新館
XR250林道でびゅ〜!..
from ばいく!?〜XR&イマドキ日記〜
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:GSX-R1000(ドナドナ)( 29 )
なんともはや・・・CB600FA  HORNET
さささ、今日はビーフライン&北茨さ~。

手首はちょいと怪しかったが、サポーター巻いてgo~!
乗れるうちに乗っとかねばね。R1000号。
ODOは2500km位かと思っていたけど、そっちはTRIP2で、
よく見たら4200kmだった。
'06の5月の終わりに納車になって、その年の冬から手首の調子が
悪くなったにしては、なんだ、案外乗ったんじゃんね。
ブロスより乗ってる気がする。笑

とまあそれはそうとして、ワインディングに入る前の県道で、K氏が
ホーネットを停める。
なあに?と思ったら、バイクを取りかえようって?乗ってみろって?

実は、まだK氏のホーネット、乗ったことがなかったのだ。
で、でも~~それってちょっとシートが高いんだけど~。
当然のことながら、K氏のホーネットはそのまんまのシート高。
何も手を加えてない車両に?ええ~。((弱っ)

とはいえ、ワタクシメ、ヒミツ?の厚底靴なんだな。
なんとか足もついたので、ほっ。

ちょっといきなり普通の公道でおっかなびっくりだったけど、
乗り始めてみると・・・。
!!!
ぬぬ~?!
しばらくして、K氏が「チェンジする?」のジェスチャ。
ぶんぶんぶん。もうちょっと。

結局ビーフの途中のいつも休む農産物直売所まで乗った。
b0053472_18225169.jpg


ビーフって結構スピードが乗るワインディング。
それがね。
ちょ~楽しいの。
さっき乗ったばっかりとは思えないほど乗れる。
私は、よくノレているときには、背骨の延長線上にリアタイヤがあるような感覚
なのだけど、まさにそれ。
コーナーに入っていく時も曲がってく時も立ち上がる時も、なんとすばらしい
操作感。
何の抵抗感不安感もなくフレーキングをし~の、車体をホールドし~の、
車体を向けていき~の、アクセルを開ける~の。

とにかくびっくりだ!!

ハッキリ言って、「R1000に乗ったワタシ」よりも絶対速い。そしてとても楽しい。

一体どういうことだ~~。笑

いや、ホント、なんかショックでした。

その後、バイクを元のオーナーに戻してビーフをしばらく走ったんだけど、
あまりのショックに途中でJARI(日本自動車研究所)の新しいテストコース脇
の道路で曲がって帰って来ちゃった。

その位、ショックだった。

なんかね、慣れてないからだって思ってたのさ。
慣れれば、もうちょっとスピードにも順応できる。
慣れれば、もっとよく操作できる。
慣れてないからだ。

それじゃ?
ぽいっと乗ったホーネットは?

んん。
いろいろと考えさせられる日だったな。
そして、なぜ?がちょっと分かった日だった。
[PR]
by 92xldegree | 2008-04-20 18:48 | GSX-R1000(ドナドナ)
バイク乗りたいぃぃぃ~
も~乗りたいったら乗りたい。
この陽気だ、乗るなっていったって乗りたくなる。
手首もまあまあ。
行くぞ~((ちょっとだけw)吠えろ~R1000。

まだまだ蕾も固い桜並木だ
b0053472_2144230.jpg


やっぱりいいバイクだなR1000号
b0053472_2165649.jpg



乗りたいも乗りたいだが、撮りたいも撮りたいのでカメラ持ってったよ
お目当てのメジロと梅が撮れた 満足♪
b0053472_20503337.jpg


鳥撮りの間では、梅とメジロの画を"ウメジロー(梅メジロ)"と呼ぶらしい
[PR]
by 92xldegree | 2008-03-15 21:12 | GSX-R1000(ドナドナ)
OLYMPUS TCON-17
とうとうテレコン導入~♪

FZ18を購入時、実は一緒に買っちゃおうと思っていたんだけど、
カメラやさんのおにぃさんに、つけると重くって大きくなっちゃいますよ~
高いし~せっかくもともと500mmの望遠なんだしとりあえずはこのままで
撮ってみれば?と言われた。

ま、そうかと思ったのも次の日までで、その次の日には
「やっぱ、買おう」

はじめは純正を買おうと思っていたんだけど、いろいろくぐってみると
OLYMPUS TCON-17がいいらしい。安いし。

しかし届いてみて、ほんとに大きくってびっくりしちゃった。
b0053472_18545418.jpg












で、撮ってみたんだけど、まあ確かにいいけど、そんなに遠距離が
とれるわけではない。
もっとも景色位ならそうでもないんだけど、鳥はなるべく寄ってとるのが
いいみたい。((あたりまえ?)
近くで撮れたメジロはなかなかよく撮れた。(と思う)
むふふ。なかなかに満足。


鳥撮りもよかったが、今日は初乗りであった。喜。
b0053472_18543611.jpg
[PR]
by 92xldegree | 2008-01-19 18:55 | GSX-R1000(ドナドナ)
ドジった
ワタクシ、今日、ドジりました。

今日は久々のバイク通勤でR1000。

帰るよ~とバイクの前まで来て、ポケットをまさぐると・・・・。

ない~

バイクのリアホイールにグルッとまわしたロックの鍵がない~。
(・x・) (・x・) (・x・)

このロック、つけるときは鍵がいらないんですよね。
あ”~。

さて、ここが田舎のつらいところ。
どこでもここでも車orバイクなので、公共交通機関を利用することは
ほとんどないのです。

ど~やって、帰ればいいの?(爆)

とりあえず同僚に最寄の駅まで送ってもらい、
常磐線に乗り込みます。
b0053472_23474944.jpg













ヘルメットがイタイ。((ま、ジャケットもだけど)
で、ひたち野うしくで降り、とりあえず来たつくばセンターバスターミナル
(TXつくば駅のとこ)行きのバスに乗り~の。
で、着いたバスターミナルで路線図を目を回しながら眺める。

どうやら筑波大学の循環バスに乗ればいいような気がしてきたが、
大学の循環バスなので、停留所が大学の中の表示で、
さっぱりよくわからんのです。
だって、「大学植物見本園」とか「TERAセンター前」とか言われてもね。
(筑波大は非常に広大なのです)

ワタクシ、どこで降りたらいいんでしょ?((ひ~)

くるくる目をまわしていたら、筑波大生らしいオンナノコが
「どちらへいかれるんですか?」って声をかけてくれたのが
たいへんうれしかったくに婆です。
でも、住居地名を言ってもわかんなかったみたいだけど。

ああ、(家の近くの)あそこにバス停があったよな~とは思っても、
そのバス停の名前が思い出せないのですよ。

といいつつも何とかそのバス停で降りることができました。

あ~つかれた。
鍵は家にありました。

明日は、ちょ~早起きでバスと電車に乗って通勤です。
ヘルメットは袋に入れていこう。
[PR]
by 92xldegree | 2007-11-01 00:10 | GSX-R1000(ドナドナ)
月齢10
b0053472_21592675.jpg










月、画像だと小さいね





所用が済んで帰宅したのが15:30だった。
なんとも半端な時間だけど、この晴れた秋の空だ。
ちょいとぷらりと走りにいこう。16:00。

いずれNinja250Rに乗りかえるかと思うと、
GSX-R1000の圧倒的なパワーをことさらに味わいたくなる。
圧倒的なものへの畏怖と憧憬。

ここんとこ、少し取っ掛かりが出来てきたせいか楽しい。
いろいろな入力を試してみるけど、とても手の内にあるとは
まだまだ思えない。
(だって、バイクなりに走らすだけで結構なスピードで
コーナリングしてしまうのだ。コワ~。)
もっともっと乗らなくては!
もうちょっとノレるようにならなくては、手放すのも口惜しいよ。
[PR]
by 92xldegree | 2007-10-21 22:35 | GSX-R1000(ドナドナ)
弾道ミサイル発射~
さて、地ビールを飲みに行く。
前の晩までは、車で・・なんて思っていたのだが、
朝になったら、なんだかK氏はバイクで行く気まんまん・・・。
え・・小雨が降ってるんですけど・・。(笑)

どうもね~やっぱり走りたかったんだろうね~この前のビーフ&広域。

見れば、走るぞオーラが立っているK氏。
こりゃ~CSでっていうわけには、いかないよな~。
ええ~R1000で~?小雨降ってるのに~?
(ワタクシ、テクビガ・・・)
と思いつつ出動~。

b0053472_19182366.jpg





















ごあぁぁぁ~だの、がぉらぁぁぁ~だの野獣の咆哮な2台。
えと・・どこで止まるのでつか?
えと・・リザーブ入っちゃったんですけど~。
どこまでも走っていってしまいそうなK氏にズンと並びタンクを指差す。
「ガス欠?そんなの関係ねーはい、おっぱっぴ~♪」
いや、関係あるから。(-"-;)

も~磐越降りるチョイ手前まで、ノンストップ。

b0053472_19192976.jpg













磐越ってあんまりGSないんだよね~。
ええと~リザーブの警告がでて残量4.5Lって書いてあったよな~。
イマドキなR1000号は、リザーブに入ると、リザーブトリップというのが
勝手にスタートして、リザーブからの走行距離が表示されるのだ。
うふふ。ステキ。

いや~この距離をこれまでにない速度で巡航したよ。
考えてみたら、私、スピードがでるバイクに乗ったことなかったもんね。
ブロスだって、巡航速度なんてせいぜい130~140位なもんで、それ以上は
ちときついな~って感じだったし。

だから最初、きつかった~。
バイク自体はヨユーなんだけど、人間の方がなんだか慣れなくって。
ようやく慣れてきたのは、常磐道終わるころだったよ~。(-ω- )
それまでは、「ひ~こんなでいいの~」笑

って、着いてからK氏に言ったら、
「なんのために300キロ出るバイク買ったんだ~」
だって。(・x・) やれやれ。


K氏は東北道二本松で降りて磐梯吾妻スカイラインやら磐梯吾妻レークラインやら
を走りたいといいだすが、どっちも有料道路だし~、そんなにたくさん走れんっ!
ってことで(ほんとにどんだけ走りたかったんだろうK氏ったら)、無料になった
母成グリーンラインで勘弁してもらう。
ほらほら、そこからのR459もいいルートだからねっねっ。

と、なだめて~磐越を磐梯熱海で降りて~。
母成グリーンラインからR459、県道69で会津若松へ。
いや~やっぱり高速降りても、はえぇ~な~R1000。

とりあえず、ホテルにバイク置いて、陽も高いのでちょっと観光。
てくてく歩いて鶴ヶ城。
b0053472_1921734.jpg

















さて、またてくてく歩いてお目当ての会津麦酒のビアレストラン會や
b0053472_1942796.jpg













前は洲魯花(すろうばん)と言ったはずだけど、名前が変わったらしい。
前もいったことあるんだけど、おつまみメニューが変わってたね。
ちょっとざんねん。

4~5種類あるんだけど、ベートベンが一番好みだな。
おいしくいただいて、いささか酔っぱ~。
ふらふら歩いてホテルに戻ったよ。

翌朝は、ゆっくりめに朝ごはんを食べて、今度はオール高速道路。
会津若松から乗って、ばひゅ~んと帰ってきた。

さすがに帰りはちょっと慣れた。(・∀・)
R1000のありあまる性能に喜。

b0053472_1920211.jpg













それにしても荷物が載せにくいぞ、R1000。
あと、市街地では、脚が死ぬほど熱かった。ほんとに。
[PR]
by 92xldegree | 2007-08-19 18:41 | GSX-R1000(ドナドナ)
遠回り選手権
約3週間ぶりくらいのR1000。
手首のリハビリがてらに、今日は通勤で乗ってみた。
帰りは、ちょいと遠回り選手権大会(?)。

b0053472_2274363.jpg

















いっぺんでいいからリッターオーバーバイクの圧倒的な加速感を
味わってみたいなあ。

と書いたのは2004年の12月の記事だ。
もっとも、実際に思ったのは友達のブラックバードの再生をしていた
2003年だったハズだ。
シートを取り払っても、足が着かなかったブラバ。

タイヤ前後で5万近く~?!((あ、ありえない)
150馬力ぃ~!?((どんなじゃ~)

高い、重い、足着かないと3拍子。
ただの憧れ。

リッタークラスなんて、ただの憧憬だったハズなのに、なんでか、
どこでどうなったかGSX-R1000。


ゴリラに乗ってるときには、
「今度買うとしたら、できれば80ccに乗れたらいいなあ・・・」と思い、
中型免許を取ってるときには、
「400なんて大きいバイク、きっとこれが最後だからガンガン乗ろう!」と思った。

そんな謙虚なワタクシがGSX-R1000。
(((違っ!)
そうじゃなくって、足が着かないやら重いやらって結構慣れるもんなんだなあと。


だって、ゴリラ買うときにMBXを前にして
「だめっ、こんな足が着かないの乗れないっ」って思ったもん。

CBX250RSに乗ってたとき、
「うわ、これが限界~」って思ったもん。

その後、ディグリー買うときも、こんな足が着かないバイク乗れるんだろうか?
と一抹?の不安を抱えながら注文を入れた。
実際、プリロード抜く前は、信号待ちのたびにお尻ずらすなんてぇ
もんじゃなく、そのままずらしまくってシートに太ももをかけて反対側の足
を着いてた。
それでも、着くのは足の親指の先だ。
あんまり親指の先ばかり負担がかかるもんだから陥入爪になっちゃって、
半年位乗れなかった時期もあった。

でも、まあ、最終的な?限界ってのは、確実にあるとは思うけどね。



いささか反則的なちょ~厚底靴とエンド部分で4cmアップするというハンドル
に付け替えてとてもラクに乗れるようになった。
それとともに、おっかなびっくりだった乗りっぷりも少しはましになってきた。

しかしながら慣れないのは、この野獣の咆哮のような排気音。
ぐがらぉぉぉぉぉぉ~って。
ちょっとだけココロ踊るけど、やっぱりこわいよ~~。(笑)
[PR]
by 92xldegree | 2007-08-09 22:24 | GSX-R1000(ドナドナ)
乗ろう乗るとき乗れば乗れ
もう、いいかげん辛抱たまらん。

どうしても痛かったら途中で帰る、ハードブレーキングはしない。
2つのルール。

まあ、極悪に痛いのは過ぎたし。

いくぜR1000、いくぜビーフ&オイラーズ!
(ビーフライン&北茨城広域農道)

b0053472_23561817.jpg











ビーフライン途中の休憩ポイント
そういや、どちらも「GSX」なんだな・・・。



b0053472_002325.jpg











20余年の歳月を経ても、なお美しく新鮮なフォルム。
あこがれた昔、プラモデルを2つ作ったっけ。

(ちなみに、他に作ったのはガンマI型、これも2台。白青とHBカラーと。
今思えば、何でスズキばっか?エポックなバイク(当時ね)がよかったんだろうな。
あ、あとゴリラも作ったよ。)

やっぱり、刀は唯一無二な感があるように思う。
もうすぐお別れかと思うと、人のバイクながら切ない。
K氏はあまり感傷を出さないが、私は感傷を牛のようにもぐもぐしてる。


そして、もぐもぐしながらビーフ→R349→R461→広域へ。
台風のあとなので、路面には土や木の枝や葉っぱがいっぱいだ。
水も流れているし。
思ったよりは、荒れてなかったんだけどね。

まあ、私はといえば、細かい突き上げが手首にキクーてな感じで、
路面からの入力をひろえず、もうおそるおそる・・。
ウン、全然、乗れてなかったヨ。オソオソ。
肩甲骨周りも弱くなっちゃってて、うまく身体を使うことが出来ず
もどかしい。
K氏なぞ、見える範囲にいるのは、なんどかある分岐のところぐらいで
見えやしないし~。
((カタナにヨユーで負けちゃうR1000というのも・・・趣がありますな~)
                                 ・・・・ナイヨっ

ひとしきり走って、ちょっと遅い昼を里美村の「こぐま」でラムチョップだ。
b0053472_0331466.jpg











で、帰路につく。

でも、手首も思ったほど痛くならなかったし、
後半は、ちょっとだけ乗る調子を戻すことができた。
久々のR1000楽しい~!と思えるくらいに。


そそ、換えたエンド部分で4cmupのハンドル、
いや~、よかった。
か~なりラク。

さんざん水をはねて走ったんで洗車して終了~!
[PR]
by 92xldegree | 2007-07-19 00:49 | GSX-R1000(ドナドナ)
軽く悪夢
金曜の夜に、ネットで注文したタイヤ。
もう来た。早いな!マッハ(タイヤやさんだね)!
b0053472_04965.jpg










CSとディグリーのタイヤ。
CSはまたしてもTT900GP。
ディグリーも前と同じD605。

新品のタイヤは、見てると気持ちいいし、なんだかわくわくする。

b0053472_0522563.jpg










フロントはバランスを取る。

さて、ここからが今日のメインイベント。
この前、GSX-R1000のハンドルを交換したときにトップブリッジの
脱着がどうも素直でなかった。
2~3日してから、K氏「やっぱりへんだ。前にコカしたとき、ずれちゃったんじゃ?」
な~る、言われてみれば、たしかにへんだ。

と・・すると・・カ・・カウルを外すってことね。
あ~、考えるだけで大変そうだ。
とはいえ、えらくスピードが出るバイクだからほっとくわけにもいくまい。
てなわけで、
b0053472_1104153.jpg











プラスチックファスナー留めと他部品との嵌め合いや共締めが結構ある。
軽く悪夢だ。(´^`)
プラスチックファスナーは2種類あるのだけど、どうも外し方がちがう。
イマドキのバイクに無縁だった私達は、そもそも外し方が分からず、クビをひねる。
要領を得れば簡単だったのだが。

b0053472_111236.jpg










手は4本あったほうがよい、とサービスマニュアルにも書いてある。
(ウソ。サービスマニュアル持ってないし~。逆車のって高いのね~。)

b0053472_1223357.jpg













なんだかんだで、ようやく取れた。
しかし、カウルを外したほうが、えらくボリュームがあるように見えたよ。
フレームもステムに近い部分は、とても太い。

さて、アンダーブラケットのボルトを緩めるとFフォークが
にょろんと動いた。
ああ、やっぱり。
一応、ホイールも外したうえで調整。

ま、今回も私は終始丁稚でしたけど。
ブレーキキャリパーを片側だけ外してホイールを取る準備完了~な気に
なっていたのはナイショ。
おほほ。ダブルディスクなんてはじめてだもんさ~。

カウルの復元も他部品との嵌め合いや共締めが結構あることから順番を
よく考えないといけない。
片側都合2回ずつつけなおしたよ。
なんせ、いっぺんつけてもプラスチックファスナーやらボルトが余っちゃう
んだから、まいる。

う~ん、なかなか大変だぞ。GSX-R1000。
ま、コカさなければいいわけだけどね~。

K氏は、またコカす予感がするのか、脱着の手順を
「ここを先に外して、ここは外さなくってもよくって・・」
と整理していた。(・x・) イヤン。

でも、コカさないよ~とは言えないワタクシ・・・。
[PR]
by 92xldegree | 2007-05-21 01:58 | GSX-R1000(ドナドナ)
やっぱりすごいや
薄闇を走れ!
b0053472_19294270.jpg

















今日は出勤。
通勤は、おなじみ通勤快足CS250号。
午後から雨の予報だったけど、いったん降った後、晴れ間が見える。
自宅に帰着後、乗り換えて、久々にGSX-R1000だ。
どこへいくというわけでもないけど、車の少ない所をつないで
加速、ブレーキングを繰り返し、身体を慣らしていく。

加速はオソロシーほどで、なかなか一速だけでもフル加速とは
いかないけど、やっぱりすごいや。

SS・・スーパースポーツというだけあって、ホントにス~パ~だな~。

やっぱり2年といわず、もうちっと乗ろうかな・・・と思った、もうすぐ
一年目の薄闇の中。

明日は、こいつで通勤するかな!
[PR]
by 92xldegree | 2007-05-01 19:30 | GSX-R1000(ドナドナ)